人気ブログランキング |
ブログトップ

札幌便り

fromsappor.exblog.jp

北の街に暮らし、目にした事・思った事を写真をまじえて綴ります

<   2019年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

6月29日

sさんからのお誘いで真駒内川散策路を歩き 花や鳥を観察してきました
真駒内駅から向かう途中 樹齢400年というミズナラの巨木がありました
f0083977_06262555.jpg
f0083977_06262521.jpg

タマサキツメクサ
f0083977_06262588.jpg
f0083977_06262563.jpg
f0083977_06262542.jpg
シンジュ
f0083977_06273709.jpg
f0083977_06273747.jpg
オニノヤガラ
f0083977_06273750.jpg
オニシモツケ
f0083977_06273748.jpg


ホオジロ
f0083977_06283499.jpg
f0083977_06283455.jpg
f0083977_06283375.jpg
ヤマセミ
f0083977_06290840.jpg


f0083977_06290997.jpg




by sakurasou21 | 2019-06-30 05:50 | 植物 動物
6月20日

花仲間10人で石狩ハマナスの丘公園へ

爽やかな青空の下 鳥たちの賑やかな囀りを聞きながら散策
種類は少ないでしたが多くの鳥や花に出会いました

ノビタキ(オス)
f0083977_07172221.jpg
f0083977_06353060.jpg

ノビタキ(メス)
f0083977_06353062.jpg

f0083977_05002726.jpg
幼鳥でしょうか?
f0083977_06353041.jpg
f0083977_06353074.jpg

ノゴマ
f0083977_06414124.jpg
f0083977_06414181.jpg

コヨシキリ
f0083977_06420274.jpg
f0083977_06420297.jpg

ホオアカ 
f0083977_06422167.jpg
カワラヒワ
f0083977_06425637.jpg

ハマナス
f0083977_06450014.jpg
f0083977_06450066.jpg
ノハナショウブ
f0083977_06460526.jpg

エゾノレンリソウ
f0083977_06460529.jpg
エゾスカシユリ


f0083977_06460604.jpg
ハマボウフウ
f0083977_06460665.jpg
コウボウシバ
f0083977_06460580.jpg
お弁当を食べ終わる頃から雲行が怪しく帰路へ
途中から激しい雨に見舞われましたが無事帰宅しました


by sakurasou21 | 2019-06-22 06:49 | 植物 動物
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

by sakurasou21 | 2019-06-19 05:46 |
6月5日 (2)

伏見から京都駅に戻りホテルをチェックアウト タクシーで三十三間堂へ

三十三間堂
正式名称は蓮華王院本堂
もとは平安後期後白河上皇の離宮で上皇の願いで 1164年に平清盛が蓮華王院を建立
f0083977_16220439.jpg
f0083977_16215791.jpg

豊臣秀吉が大仏殿方広寺を三十三間堂の北隣に造営
三十三間堂も境内に含まれ土塀を築き 太閤塀として残っています
f0083977_16215693.jpg
瓦には五三の桐の紋
f0083977_16215647.jpg
江戸時代には「通し矢」の舞台となった所
現在は「三十三間堂大的全国大会」が行われています。

本堂の中央に本尊である「千手観音座像」(国宝)
その両側にそれぞれ500体の千手観音立像「十一面千手千眼観世音」
f0083977_16260984.jpg

守護神の「風神・雷神像」(国宝)
f0083977_16260968.jpg
眷属(けんぞく=従者)の「二十八部衆像」(国宝)
f0083977_16260992.jpg
(パンフレットから)



その後隣接の養源院と智積院へ

養源院は1594年(文禄3)淀殿が父浅井長政追善のため創建 のち焼失の後
1621年(元和7)徳川秀忠夫人お江が伏見城の遺構を移し再建されました
f0083977_16283732.jpg
f0083977_16383690.jpg
廊下の天井は 伏見城落城の際自刃した武将たちの血のりのしみた板を使ったため「血天井」として有名

伏見城から移築された牡丹の間の狩野山楽の折枝絵等狩野派の絵
そんな中 杉板戸には俵屋宗達の絵があり迫力ありました
 俵屋宗達の斬新な象の絵
f0083977_16283727.jpg
f0083977_16283755.jpg
(いただいた絵ハガキから)

床は左甚五郎作の鴬張りとのこと

次に智積院
f0083977_16301592.jpg
収蔵庫には、安土桃山時代に長谷川等伯一門が描いた襖絵「桜図」「楓図」(国宝)  その他素晴らしい障壁画がいろいろあり眼を引きました

f0083977_16310631.jpg
f0083977_16313121.jpg

名勝庭園は千利休好みの庭園と言われています
f0083977_16314569.jpg
京都駅に戻り遅いランチに懐かしいとん平焼きを食べました

暑い一日でしたが万歩計は20,829歩
よく歩きました

そして6時45分伊丹発の便で寒いほどの北海道に戻ってきました






by sakurasou21 | 2019-06-17 16:33 |

6月5日


朝一番 JR奈良線で伏見へ 
駅前の伏見稲荷へ参拝しました
f0083977_07401676.jpg
伏見稲荷大社は、全国に約3万社ある稲荷神社の総本宮
和銅4年(711)の創建と伝わります

「楼門」
前に狛犬ならぬキツネ像が配されています
f0083977_07401603.jpg
世界最大級の旅行口コミサイトで「外国人に人気の日本の観光スポットランキング5年連続1位ということで多くの外国人の姿がありました

有名な千本鳥居を登ります
f0083977_07450721.jpg
江戸時代以降に 願いごとが通るように そして通ったというお礼をこめて鳥居を奉納する習慣が広まったとか
いまでは境内全域に約1万基が並ぶといいます
早いので人でもそれほど多くなく写真もゆっくりとれました
f0083977_07450730.jpg
根上松
f0083977_07455314.jpg
f0083977_07455390.jpg
中には石造りの鳥居もありました
f0083977_07461550.jpg

熊鷹社
f0083977_07473970.jpg
f0083977_07472445.jpg
四辻
f0083977_07483083.jpg
f0083977_07482996.jpg
だんだん参道もきつくなってきます
f0083977_07490707.jpg
ここから眼力社を目指したのですが道を間違え三峯(下社)白菊社まで行って間違いに気づきました
f0083977_07594522.jpg


又四つ辻へ戻って眼の神様を祀る「眼力社(がんりきしゃ)」へ
f0083977_07510420.jpg
f0083977_07510453.jpg
帰路は修学旅行生や 外国人ですごい人出でした

奥社奉拝所まで戻り往路で寄らなかった「おもかる石(重軽石)」へ
2基の灯籠の上の擬宝珠が「おもかる石(重軽石)」と呼称され
願いごとを思いながら、持ち上げ、予想より軽ければ願いが叶うと言われています
f0083977_07524171.jpg










by sakurasou21 | 2019-06-17 06:19 |
6月4日 (2)

墓参の後 JRで宇治へ
平成6年に{古都京都の文化遺産}として世界遺産に登録されました
まずおいしい「茶そば」でお腹を満たし後 まず宇治神社と宇治上神社へ

正式名称は「宇治離宮明神」で 平等院の鎮守社
明治維新後、『宇治上神社』と『宇治神社』に分かれました

宇治神社
f0083977_21541550.jpg
f0083977_21541589.jpg
境内には「みかえり兎」といわれる兎の像があちこちにあります
f0083977_21552367.jpg
f0083977_21552357.jpg
祭神菟道稚郎子命のが道に迷われ難渋しいる時に 一羽の兎が現れ 後からついて来られる祭神を振り返り振り返り先導したという古伝により「みかえり兎」と言われています

「菟道 うじ」という字が後に「宇治 うじ」という字になったとも言われてます

祭神菟道稚郎子命 (うじのわきのいらつこのみこと)は
父・応神天皇に寵愛され皇太子に立てられたものの、異母兄・大鷦鷯尊(のちの仁徳天皇)に皇位を譲るために自殺したと伝えられています

宇治上神社
菟道稚郎子(うじのわきいらつこ)と父応神天皇、兄仁徳天皇をお祀り

拝殿 国宝
「縋破風(すがるはふ)」といわれる曲線が美しい屋根が印象的です
拝殿前の円錐の盛り砂は「清めの砂」と呼ばれ八朔祭に奉納され、1年間お清め砂として撒かれます
f0083977_22043164.jpg
本殿 国宝
日本最古の神社建築 一間社流造りで、左右の社殿が大きく、中央が小さいという珍しい形 
f0083977_22095916.jpg
f0083977_22095960.jpg
f0083977_22095939.jpg

大きな岩は以前お社があった「社蹟」
f0083977_22095902.jpg

宇治七名水の「桐原水」が湧き出ています
f0083977_22210693.jpg

その後宇治橋を渡って宇治平等院へ
f0083977_22251166.jpg
宇治平等院
小学校4年生の遠足以来60年ぶりの再会です
2014年に平成修理として大規模な修理が終わり創建当時の姿に再現されました
f0083977_22251248.jpg
f0083977_22251228.jpg
1052年藤原道長の別荘を 息子頼通が寺院に改めたのが平等院のはじまり

栄華を極めた藤原文化の集大成として、当時の貴族が憧れた極楽浄土の世界が再現されています
堂内には定朝作「阿弥陀如来坐像」周囲の壁の上部の「雲中供養菩薩像 」
仏像の背後の壁には極楽浄土図が描かれていますが 残念なことに修理のため内部に入ることはできませんでした

梵鐘(国宝)
平等院の梵鐘は「姿(形)の平等院」と日本三名鐘の一つとされています
現在鐘楼に吊されている鐘は復元されたもの
f0083977_22251275.jpg

平等院ミュージアム鳳翔館
旧宝物館をリニューアルして 平等院鳳凰堂の宝物を良好な状態で保管する建物

国宝の梵鐘
大気汚染などによる劣化防止のためここに収蔵 
f0083977_22345675.jpg

鳳凰堂中堂の大棟の南北両端に据えられていた国宝「金銅鳳凰」
やはり劣化防止のためここに収蔵されており屋根に飾られているのは2代目
f0083977_22353879.jpg
鳳凰堂中堂の内部に懸けならべられていた雲中供養菩薩像
半分程がここに収められています
f0083977_22251223.jpg
(いずれも平等院HPより)

間近にじっくり拝観することができました

夕飯は京野菜とお酒でゆっくり京の夜を過ごしました












by sakurasou21 | 2019-06-16 22:41 |
6月4日 (1)

3日に金沢から大坂へ入り夫は同窓会へ 私は神戸の友人と会って過ごしました

今日は大阪の息子共々京都黒谷金戒光明寺へお墓参り

ここは歴史的にも見どころがいろいろあるようですが いつも墓参だけして素通り
今回通り道を少しだけ写真を撮ってきました

承安5年法然上人が比叡山の黒谷を下り、草庵を結ばれたのが金戒光明寺のはじまり
通称黒谷さんと呼んでいます

山門
時々テレビの時代劇に登場する所
f0083977_12483877.jpg
山門の楼上には、後小松天皇筆の「浄土真宗最初門」の文字。
f0083977_12483897.jpg
f0083977_12483784.jpg
石橋を渡り石段を上がった先に三重塔(工事中)
f0083977_12483719.jpg
途中に徳川二代将軍の秀忠の正室お江の方の供養塔
f0083977_12483755.jpg
最近『アフロ仏像』として話題のこの仏像
f0083977_12483729.jpg
正式には「五劫思惟阿弥陀仏(ごこうしゆいあみだぶつ)」という名で
五劫という気の遠くなる程長い時間修行をして 気が付けば髪の毛も伸び放題で
このような大きなアフロヘアーになっているそうです

三重塔に上がる途中からでも京都市内が良く見渡せます
f0083977_12483821.jpg
他にも
京都守護職を務めた會津藩松平容保がここを本陣とし
ここで近藤・芹沢等は京都守護職松平容保に拝謁 新撰組発祥の地となりました

歴史的にもいろいろ興味深いところですが 何時かゆっくり回ってみたい所です






by sakurasou21 | 2019-06-16 12:54 |
6月2日

5月31日から孫の運動会を見に金沢へ来ています

昨日無事に運動会が終わり 今日は石川動物園へ

北海道の旭山動物園 円山動物園も展示方法が改善され 動物も見る人間も気持ちよく楽しく過ごせるよう工夫がされてますが 石川動物園も広々として快適な空間でした

広い池の周りの散策路を歩いているとこんなところもありました
f0083977_09092923.jpg
コビトカバ
f0083977_09101742.jpg
f0083977_09101733.jpg
ライオン
f0083977_09101794.jpg
ホワイトタイガー
f0083977_09101791.jpg
ミーアキャット
f0083977_09110223.jpg
オラウータン
いきなり壁ドンならぬガラスドンをされビックリ!
f0083977_09110266.jpg
f0083977_09110206.jpg
特別天然記念物のトキ、ライチョウも自然に近い環境の中で見られ
大人も十分楽しみました






by sakurasou21 | 2019-06-16 06:02 |
6月12日

たっぷり囀りを聞かせてくれました

キビタキ
f0083977_06392373.jpg
f0083977_06392284.jpg
アオジ
f0083977_06392374.jpg
f0083977_06392328.jpg
コゲラ
f0083977_06412101.jpg

池周りの芝生では3羽のお母さんオシドリが雛を連れて賑やか
f0083977_06433225.jpg
f0083977_06433247.jpg
「ダッシューー!!」
f0083977_06433284.jpg
コバンコナスビ
f0083977_06452845.jpg
ハイキンポウゲ
f0083977_06452887.jpg
ヤブヘビ
イチゴ
f0083977_06452814.jpg
鈴なりの梅の実
f0083977_06462039.jpg







by sakurasou21 | 2019-06-13 05:54 | 植物 動物
6月9日

円山定例探鳥会に参加

今日の1番のお目当てはオシドリの親子

4日前に2羽のお母さんオシドリが15羽と13羽の雛を孵し
そして今朝 1羽のお母さんオシドリの10羽の雛が孵り 公園池の周りはとてもにぎやかです

カラスから雛を守るため人間を味方につけた賢いオシドリのお母さんたち
f0083977_13471061.jpg
f0083977_13471027.jpg
f0083977_13471132.jpg
f0083977_13471052.jpg
f0083977_13471160.jpg
スズメの雛やヒガラも皆立派に巣立っています
f0083977_13475691.jpg
f0083977_13480445.jpg
f0083977_13482516.jpg
オオムシクイのジジロ ジジロ ジジロの声が響きます
以前はメボソムシクイの亜種コメボソムシクイとされていたものが
別種のオオムシクイとされたそうです
毎年渡りの途中数週間ほど円山公園で過ごしています
f0083977_13485186.jpg









by sakurasou21 | 2019-06-09 22:41 | 動物 鳥