人気ブログランキング |
ブログトップ

札幌便り

fromsappor.exblog.jp

北の街に暮らし、目にした事・思った事を写真をまじえて綴ります

<   2016年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

5月24日
今日は疲れの取れた母も一緒にHさんの運転でとびしま海道をドライブ

海道を走る前に音戸の瀬戸へ立ち寄りました
音戸の瀬戸は、広島県呉市にある本州と倉橋島の間に存在する海峡のことである。
幅はわずか90m程度、可航幅が60mしか無く、一日の船舶の通行量は約700隻で、最大で4ノットと潮流が早く、狭い所を広島市と松山市を結ぶ定期船など1000トン級の船が行き交う船舶の往来が激しい海域である。
この海峡は平安時代に日宋貿易の航路として、1167年に平清盛が開削したといわれている。
一日で工事を完了させるために夕日を招き返したという伝説がある     ウィキペディア

瀬戸内の島々や音戸の瀬戸 倉橋島を結ぶ音戸大橋と第二音戸大橋も眺められる高烏台公園まで上っていくと
ここから扇で夕日を招き返したといわれる清盛の銅像がたっていました
f0083977_2392115.jpg

f0083977_2393819.jpg

楠の花が盛りでした
f0083977_2395865.jpg

f0083977_2343154.jpg

本土と安芸灘の7つの島を7つの橋で結ぶ「とびしま海道」
安芸灘大橋を渡り下蒲刈島へ渡ってすぐの白崎園からの安芸灘大橋
f0083977_23105821.jpg

そして上蒲刈島 豊島へと渡って大崎下島へ
豊島と大崎下島を繋ぐ豊浜大橋
f0083977_23112176.jpg


大崎下島の御手洗地区で食事
穴子重が人気の海鮮料理みたらい脇坂屋へ
f0083977_23114377.jpg

f0083977_23121679.jpg


食後は街を散策
あいにく火曜日は定休日でどこも入ることができませんでしたが
親切なおじいさんが外からいろいろ案内してくださいました

御手洗地区は、江戸時代以降、潮待ち、風待ちの港町として賑わった歴史があり、
江戸後期から昭和初期の建物が多く残り、重要伝統的建造物群保存地区となっているところです

高灯籠
f0083977_23153569.jpg

住吉神社付近
f0083977_2316958.jpg


七卿落ち遺跡
幕末の動乱期、公武合体派によるクーデターで京都を追われた討幕派の公卿のうち、
三条実美など七卿が長州に落ち延びたいわゆる「七卿落ち」 ここ竹原屋を宿とした
f0083977_23183249.jpg


若胡子屋跡(わかえびすやあと)
若胡子屋は1724年に広島藩から免許を受けた御手洗で最初で最大の待合茶屋で多くの遊女が集っていた
f0083977_23375925.jpg


天満宮 菅公の井戸
御手洗の地名は、一説に菅原道真公が太宰府に流される途中で立ち寄り、井戸で手を洗ったところから名付けられたそうです
f0083977_23214325.jpg


乙女座
昭和12年に建てられた劇場で当時はハイカラな建物でした。
f0083977_23221561.jpg

昭和30年代まで映画館として使われていました

満舟寺
f0083977_23244213.jpg

立派な石垣
乱れ築きという手法で、戦国時代に特徴的な「野石積み」
豊臣秀吉が四国攻略の際、加藤清正に命じて築造させたという伝承がある
f0083977_23242139.jpg

亀趺墓
台座が亀の形をしている珍しい墓で、満舟寺には江戸時代中期に建てられた2基の墓が現存
f0083977_2325151.jpg
 
 
瀬戸内の島々はみかんの産地 みかん畑が広がっていましたがほとんど終わりかけ
f0083977_23254465.jpg

花が咲いている木も
f0083977_2326783.jpg

御手洗の街並み
f0083977_23271379.jpg

f0083977_23281984.jpg

f0083977_2347163.jpg

f0083977_23472217.jpg

f0083977_23473663.jpg

このさき平羅島 中ノ島 そして愛媛県の岡村島へと続くのですが私たちはここで引き返し帰路につきました
中の瀬戸大橋と中ノ島 岡村大橋
f0083977_23311185.jpg








.
by sakurasou21 | 2016-05-24 22:53 |
5月23日

21日・22日は京都で夫・息子・娘の家族集まりお墓参り その後大津の甥を訪ねたりして過ごし広島へ

23日は疲れた母を残し妹と2人で尾道を散策

電車を乗り継いで尾道に着いたのは昼近く
まずバスで千光寺下まで乗って商店街の広島風お好み焼きを食べ元気を補強

千光寺ロープウェーで千光寺公園まで上がり展望台からの景色を堪能
たくさんの船が行きかう尾道水道の向こうに瀬戸内の島々が眺められます
f0083977_6555743.jpg

尾道に縁のある作家や詩人、歌人の作品の一節を刻んだ
25の文学碑がある文学の小道を通って千光寺へ
f0083977_6562460.jpg

林芙美子の代表作『放浪記』の一節を刻んだ文学碑がありました
f0083977_657429.jpg

f0083977_6572484.jpg

千光寺は尾道港が一望できる大宝山の中腹にあり展望台からは尾道水道や尾道大橋などがきれいに見えました
f0083977_77382.jpg

f0083977_6574695.jpg

千光寺から降りていくと、室町時代に建てられた天寧寺の三重の塔(海雲塔)が見えてきます
尾道の街並みを見下ろす場所にあり、平山郁夫さんもここからスケッチしたようです。
f0083977_7142380.jpg

f0083977_6582169.jpg

f0083977_7242851.jpg

「猫の細道」と名付けられた200mほど続く細い路地
5月ということなのか大きな鯉のぼりが・・・ 猫のごちそうでしょうか?
f0083977_7062.jpg
 
f0083977_702312.jpg

御袖天満宮
菅原道真が京より大宰府へ流された時、尾道へ立ち寄った際に民衆に親切にしてもらったお礼に着ている服の袖を渡されたことに由来するそうです
f0083977_7124119.jpg

艮(うしとら)神社
旧市内で最古の神社と言われています
境内に生えている楠は樹齢900年と言われ 幹の周囲は約7m
f0083977_741559.jpg

西國寺
山門である仁王門には室町末期作の2体の仁王像が安置されており その健脚にあやかり2mを超える巨大な草履が奉納されています
f0083977_75140.jpg

f0083977_753512.jpg

f0083977_7133596.jpg

志賀直哉旧居
大正元(1912)年志賀直哉が尾道に移り住んだ棟割長家
代表作「暗夜行路」もここ尾道のこの部屋で草案が練られました
f0083977_762524.jpg

f0083977_77316.jpg


細い路地や階段の下ギリギリにある踏切
とにかく暑い日で坂道や階段を上ったり下りたり お墓の中の道まで歩いて回り疲れた~~
f0083977_7183985.jpg

f0083977_7191889.jpg

f0083977_71936100.jpg

f0083977_7195126.jpg

でも歩いてこそ尾道という町がわかった気がします






by sakurasou21 | 2016-05-23 23:47 |
5月20日

今日はまず山陰線で嵐山まで行き帰路は保津川沿いにトロッコに乗って亀山に戻るという予定

宿の車で亀山駅へ行きJRで嵯峨嵐山へ
そこから渡月橋まで両側に並ぶ土産物店を覗きながら歩くとなかなか前へ進まない
縮緬で作られたかわいい小ものが並ぶ店で五月節句の飾り物を求め
f0083977_713694.jpg

扇子店で母にお扇子をプレゼントしてもらい
f0083977_7132860.jpg

竹細工の店では孫達に竹トンボ 母にお礼の柘植櫛を
箸の専門店でも母へ箸をプレゼント

思いのほか時間がたってしまいお昼になったので渡月橋のたもと「よしむら」でおいしいおそばで腹ごしらえ
f0083977_7141816.jpg

渡月橋
f0083977_7143662.jpg

元気を取り戻したところで竹林を歩く  若竹が涼やかで美し
f0083977_7165336.jpg

f0083977_7171315.jpg

やっとたどり着いた嵐山駅
f0083977_7184919.jpg

f0083977_7201926.jpg

トロッコに乗って水かさを増した保津川の渓谷美を堪能
f0083977_7264583.jpg

f0083977_722529.jpg

f0083977_7255139.jpg

保津川下りの舟が見えました
f0083977_725359.jpg

そして20分ほどで亀岡へ到着です
by sakurasou21 | 2016-05-20 23:09 |
5月19日

2001年3月 京都への母娘3人旅
それからの旅は夫達や子供たち孫達とのにぎやかな旅が続いた

今回15年ぶりに再び京都へ94歳になった母とお婆ちゃんになった私と妹の母娘3人水入らずの旅

京都駅から山陰線に30分ほど乗って京の奥座敷といわれる亀岡へ
宿の送迎バスに乗ってさらに西へ20分 ようやく湯の花温泉「里山の休日京都・烟河」に到着

ゆっくり温泉に浸かったあとはお愉しみの食事
自家農園や地元農家の取れたて野菜など旬の食材メインの夕飯
f0083977_745233.jpg

f0083977_751189.jpg

コールラビ 初めてだったけれどおいしかった
f0083977_752473.jpg

次々に出されるお料理も京風のあっさりとした味付けで完食

ごちそうさまでした
by sakurasou21 | 2016-05-19 23:52 |
5月14日

厚別にお住いのAさんの案内で野幌森林公園のトド山口からのコースを歩き
その後厚別南緑地へと回りいろいろな花を観察しました

白花のエンレイソウ3種を見ました
オオバナノエンレイソウ(ユリ科)
f0083977_16132490.jpg

ミヤマエンレイソウ(ユリ科)
f0083977_16134162.jpg

エゾミヤマエンレイソウ(ユリ科)
ミヤマエンレイソウの変種  子房が暗紫色
f0083977_16135943.jpg

サンカヨウ(メギ科)
f0083977_16142269.jpg

f0083977_16143929.jpg

オオタチツボスミレ(スミレ科)
f0083977_16145437.jpg

ヒトリシズカ(センリョウ科)
f0083977_16151397.jpg

セントウソウ(セリ科)
f0083977_16153360.jpg

ミヤマハコベ(ナデシコ科)
f0083977_16155345.jpg

フデリンドウ (リンドウ科)
f0083977_16161038.jpg

ニリンソウ(キンポウゲ科)
f0083977_16162865.jpg

ミドリニリンソウ(キンポウゲ科)
f0083977_16164470.jpg

チゴユリ(ユリ科)
f0083977_1617028.jpg

マイヅルソウ(ユリ科)
f0083977_16171481.jpg

ルイヨウショウマ(キンポウゲ科)
f0083977_16172984.jpg

ツバメオモト (ユリ科)
f0083977_16174435.jpg

ツルアリドオシ(アカネ科)
f0083977_16184244.jpg

ハウチワカエデ
f0083977_1618554.jpg


オオルリ
f0083977_16185357.jpg

f0083977_1619573.jpg









by sakurasou21 | 2016-05-14 22:07 | 植物
5月12日

今年最初の花散歩例会は昨年秋訪れた赤井川の轟渓谷へ

雪がまだ残っており浅黄色の新芽や早春の花を楽しみながら歩きました
f0083977_2226085.jpg

f0083977_22263386.jpg

f0083977_22265676.jpg

f0083977_22304635.jpg


雄花を付けて並んだカラマツの新芽
f0083977_22272965.jpg

シウリザクラの新芽
f0083977_22274375.jpg

気温が低くまだ俯いたままのカタクリ(ユリ科)
f0083977_222828.jpg

タヌキラン(カヤツリグサ科)
f0083977_22282573.jpg

ニリンソウ(キンポウゲ科)
f0083977_22283622.jpg

エゾエンゴサク(ケシ科)
f0083977_22284951.jpg

ミズバショウ(サトイモ科)とエゾノリュウキンカ(キンポウゲ科)
f0083977_22292086.jpg

f0083977_22295023.jpg

f0083977_22301940.jpg


カメラの不調で写せませんでしたがオオルリ キビタキ カワガラス なども現れてくれ嬉しい花散歩でした
by sakurasou21 | 2016-05-13 22:35 | 植物
5月9日

風はないけれど曇り空の朝

頭上からハラハラと新芽が落ちてくるので見上げるとマヒワがお食事中でした
f0083977_14575388.jpg


思わぬところでオシドリに出会いました
f0083977_14583813.jpg


センダイムシクイの姿 遠すぎました
f0083977_14591847.jpg


キビタキ
f0083977_14593487.jpg


梅園で
f0083977_14595078.jpg

by sakurasou21 | 2016-05-09 14:59 | 動物 鳥
5月8日

円山公園探鳥会

大型連休最終日 風が強いものの良い天気
公園は火気使用期間が過ぎたのでスッキリ

参加者も大勢でしたが 鳥たちもたくさん姿を見せてくれました

オオルリ キビタキ センダイムシクイ コサメビタキ オオアカゲラ クロツグミ
等々 主役級の鳥たちがそろいました
残念ながら私のカメラではなかなかとらえる事はできませんでしたが・・・・・・
とても楽しい探鳥会でした

ハウチワカエデにマヒワ
f0083977_17261987.jpg

イタヤカエデにマヒワ
f0083977_17263171.jpg

キセキレイ
f0083977_17264427.jpg

f0083977_17265788.jpg

オオルリ (雌)
f0083977_17271131.jpg

葉が被りましたがセンダイムシクイです
f0083977_17272328.jpg

カワラヒワ
f0083977_17274173.jpg

by sakurasou21 | 2016-05-08 17:28 | 動物 鳥
5月6日

お花見客のまだいない早朝の静かな公園
桜と春モミジで円山は華やかです
f0083977_1831492.jpg


まだ眠たげなニリンソウ(キンポウゲ科)
f0083977_185368.jpg


ヒトリシズカ(センリョウ科)
f0083977_1853888.jpg


スミレサイシン(スミレ科)
f0083977_185538.jpg


シラネアオイ(シラネアオイ科)
f0083977_186792.jpg


f0083977_1862143.jpg


シシシシシ・・・・・・・と次第に高く強くなるさえずりはよく耳にしますがめったに姿を見ることがなかったヤブサメ  今日は2度も見かけました
f0083977_187599.jpg

f0083977_1873145.jpg


今年初めてのキビタキ
f0083977_1874847.jpg

f0083977_188364.jpg

f0083977_188154.jpg


マヒワも地面に降りて盛んにえさをついばんでいました
f0083977_1883075.jpg

f0083977_1884717.jpg


ハクセキレイ
f0083977_189155.jpg


エゾリスはそろそろ夏毛に衣替えでしょうか?
f0083977_1891218.jpg

by sakurasou21 | 2016-05-06 18:11 | 動物 鳥