人気ブログランキング |
ブログトップ

札幌便り

fromsappor.exblog.jp

北の街に暮らし、目にした事・思った事を写真をまじえて綴ります

<   2014年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

6月25日

宿8:00発===春国岱にて自然散策~9:00==霧多布湿原散策==あやめケ原==釧路16:17発==〈JRスーパーおおぞら12号〉==札幌駅着20:13 

コテージ前の風連湖
f0083977_9464516.jpg

「ジョッピンカケタカ」北海道弁で「鍵はかけたか」と聞きなしするエゾセンニュウの賑やかな声を聞きながら早朝湖畔を散策
その他コヨシキリ・オオジシギなどにも出会えた
f0083977_9475782.jpg

茂みに隠れる寸前に撮ったかろうじてそれとわかるオオジシギの画像
f0083977_9485722.jpg


春国岱は、オホーツク海と風蓮湖の間に横たわる細長い砂州
塩生植物を観察しながら木道を歩いて奥のアカエゾマツとトドマツの針葉樹林の森へ
f0083977_9494742.jpg

f0083977_9503598.jpg

多様な植物が見られとても興味深い所

霧多布湿原は珍しく霧が無く陽射しの照りつける木道を歩いて可憐な花々を観察
琵琶瀬展望台からの湿原風景
f0083977_951019.jpg

あやめケ原は霧の中
f0083977_9511997.jpg

f0083977_9514053.jpg


ヒオウギアヤメ (アヤメ科)
f0083977_9564289.jpg

エゾハコベ (ナデシコ科)
f0083977_957657.jpg

f0083977_9573397.jpg

シバナ (シバナ科)
f0083977_9574999.jpg

ウミミドリ (サクラソウカ)
f0083977_958588.jpg

エゾツルキンバイ (バラ科)
f0083977_1041245.jpg

エゾノコウボウムギ (カヤツリグサ科)
茎が鋭い3稜形でざらつく 熟した果胞は四方に開出するので果序は栗のいが状
f0083977_9582864.jpg

f0083977_13321014.jpg

シロヨモギ (キク科)
f0083977_9584328.jpg

エゾオオヤマハコベ (ナデシコ科)
f0083977_959055.jpg

f0083977_9591663.jpg

フタマタイチゲ (キンポウゲ科)
f0083977_9594435.jpg

f0083977_10063.jpg

柄のない茎葉が対生
花は二股状分岐点から柄とともにつく
f0083977_1002557.jpg

クロユリ (ユリ科)
f0083977_1004698.jpg

f0083977_101150.jpg

クシロハナシノブ (ハナシノブ科)
f0083977_101168.jpg

f0083977_1012853.jpg

ゼンテイカ (ユリ科)
f0083977_1014013.jpg


せっかく写してきた私にとっては大事な大事な今回の旅の画像
帰宅後ちょっとしたミスでパソコンに取り込むときに3分の1ほども消えてしまった!!
半分諦めながらSSN のYさんに相談したところほとんどが無事復元
感謝 感謝!! お蔭でこうして遅ればせながらブログにアップする事が出来たしだい
by sakurasou21 | 2014-06-30 07:40 |
6月24日

宿08:00発==貸切バスで落石岬==ネイチャークルーズで海鳥ウォッチング09:00~11:30==落石岬にて散策==白鳥台保健保安林==風連湖畔の宿コテージ「レイクサンセット」泊

定員11人乗りの小型の漁船で沖へ
昆布を一杯積んで漁を終え港を目指す船が数艘目前を通過
f0083977_79638.jpg

暫く海上を走ると念願のエトピリカを見る事が出来た
保護のため近づいて見る事は出来なかったけれど 双眼鏡で5羽ほど確認
f0083977_7112268.jpg

f0083977_675157.jpg

波に浮いたり空を飛んだり 大サービス
その他ウトウやケイマフリ・ヒメウ・ウミウなど出現
f0083977_712156.jpg


下船後落石岬道を散策
f0083977_7125941.jpg

f0083977_7165976.jpg

アカエゾマツ林の下に広がるミズゴケとミズバショウの大きな葉
f0083977_7124071.jpg

サカイツツジの花時はすでに終わっていた
f0083977_7163685.jpg

ヒオウギアヤメ (アヤメ科)
f0083977_718641.jpg

落石から昆布盛にかけて車窓には昆布の干場が続く
干場には熱をもちやすい石(砂利)が敷かれそこに1枚1枚昆布を並べている
f0083977_7185520.jpg

車窓からオジロワシの姿を見る事が出来た
f0083977_7194077.jpg


宿で夕食をとっていると近くに丹頂がやって来た
慣れているのか人の姿を見ても驚かずゆっくり観察
f0083977_7203098.jpg

f0083977_7204971.jpg



チシマフウロ (フウロソウ科)
f0083977_722512.jpg

ゴゼンタチバナ (ミズキ科)
f0083977_723948.jpg

エゾゴゼンタチバナ (ミズキ科)
f0083977_7232464.jpg

f0083977_7234177.jpg

エゾノタチツボスミレ (スミレ科)
f0083977_7235940.jpg

白花 札幌は白花が多い
f0083977_7241890.jpg

側弁のつけ根には細かい毛がたくさん生える。
f0083977_7243641.jpg

ハクサンチドリ (ラン科)
f0083977_7251026.jpg

白花
f0083977_7253079.jpg

アッケシアザミ (キク科)
f0083977_7254456.jpg

イワツツジ (ツツジ科)
f0083977_726728.jpg

ネムロシオガマ (ゴマノハグサ科)
f0083977_7262317.jpg

シロスミレ (スミレ科)
f0083977_726402.jpg

カモメラン (ラン科)
f0083977_727198.jpg

f0083977_7272237.jpg

f0083977_7273877.jpg

クロミサンザシ (バラ科)
f0083977_7275459.jpg

f0083977_728126.jpg

by sakurasou21 | 2014-06-30 07:29 |
昨年行けなかった自然フィールドたび倶楽部の「根室半島 フラワーウォッチング&落石ネイチャークルーズ」2泊3日のツアー
今年ようやく花仲間のSさん・Kさんと一緒に参加

6月23日
札幌駅07:03発==〈JRスーパーおおぞら1号〉==釧路10:51着/11:01発〈快速ノサップ〉==根室13:08着 専用車で移動==根室半島の湿原群(北方原生花園、納沙布岬、歯舞&友尻地区にて、先端をぐるりと巡りながらウォッチング&散策14:00~17:00=根室市内「二美喜」泊 

厚床駅ですれ違いの列車待ちの為暫く停車
f0083977_6501754.jpg

快速ノサップ 1両だけの可愛い車両
f0083977_6503561.jpg

納沙布岬灯台
f0083977_650502.jpg

夕暮れの北方原生花園
f0083977_6513726.jpg

冬 根室海峡から絶えず冷たい強風が吹き木が垂直に成長する事ができず
枝を横に広げたミズナラの風衝林のシルエット
f0083977_6515888.jpg

f0083977_6521958.jpg


エゾノシシウド (セリ科)
f0083977_6524077.jpg

エゾノクサイチゴ (バラ科)
f0083977_6555031.jpg

エゾイヌナズナ (アブラナ科)
f0083977_65657.jpg


イワベンケイ (ベンケイソウ科)

f0083977_6564378.jpg

f0083977_657033.jpg

ユキワリコザクラ (サクラソウ科)
f0083977_657227.jpg

キヨシソウ (ユキノシタ科)
絶滅危惧種
f0083977_6575779.jpg

f0083977_6581660.jpg

シコタンタンポポ (キク科)
絶滅危惧種
総苞片は濃緑色で反り返らない
f0083977_6583517.jpg

外片の縁が白色を帯び、目立つ角状突起がある
f0083977_659278.jpg

シコタンキンポウゲ (キンポウゲ科)
f0083977_6593259.jpg

ハマハタザオ (アブラナ科)
f0083977_703157.jpg

トモシリソウ (アブラナ科)
絶滅危惧種
f0083977_704999.jpg

f0083977_71513.jpg

ヒトフサニワゼキショウ (アヤメ科)
f0083977_713235.jpg

サギスゲ (カヤツリグサ科)
f0083977_731249.jpg

by sakurasou21 | 2014-06-30 06:47 |
6月19日

6月の自主研修 予定では平和の滝だったが 
盤渓や西区の方にもクマが出没しているとの情報で行先を野幌に変更

昨日まで札幌は連続13日連続の雨だったけれど
今日はくもり空から時々晴れ間も見えて楽しく散策

トケンラン (ラン科)

f0083977_621218.jpg

f0083977_6213561.jpg

f0083977_6214887.jpg

この季節にあまり行ったことが無かったせいか沢山出会えて嬉しかった

チシマアザミ (キク科)
f0083977_6222256.jpg

オニノヤガラ (ラン科)
f0083977_6223482.jpg

オオキヌタソウ (アカネ科)
f0083977_6224774.jpg

トチバニンジン (ウコギ科 )
f0083977_6225961.jpg

ミヤマナルコユリ (ユリ科)
f0083977_6231149.jpg

サルメンエビネ (ラン科)
f0083977_6232548.jpg

by sakurasou21 | 2014-06-21 05:19 | 植物


数年前に頂いた桜ラン
置き場所を変えたためかさっぱり花が咲かないまま数年

昨年日当たりの良い所に置き換えたところ5月15日に蕾を見つける
f0083977_6513548.jpg

f0083977_6515772.jpg

その後6個ほどの小さな蕾を見つけ開花を楽しみにしていたのに
1週間留守にして帰ると蕾は枯れていた
ブラインドを下ろしていたので陽が当たらなかった為らしい

下20㎝ほど開けていたので株の下の方に気付かなかった2つの蕾が新たに見つかり
不完全ながらも育って綺麗に花を咲かせ今も目を楽しませてくれている
f0083977_6522299.jpg

f0083977_6525613.jpg

f0083977_6535155.jpg

f0083977_6542324.jpg

f0083977_6591262.jpg

花開くと強い香りが部屋に立ち込め 甘いトロッとした蜜を出す
f0083977_6543931.jpg






f0083977_65511.jpg

f0083977_6551547.jpg

f0083977_6593540.jpg

来年は陽当たりに気を付けてもっと花を咲かせてみたい
by sakurasou21 | 2014-06-19 05:50 | 植物
6月10日

朝の円山散歩 暫くすると雨がポツポツ
1時間ほどで引き揚げたけれどサイハイランに出会えてよかった

サイハイラン (ラン科)
f0083977_982041.jpg

f0083977_983278.jpg

ヒメフウロ (フウロソウ科)
f0083977_974370.jpg

エゾアカバナ (アカバナ科)
f0083977_984684.jpg

f0083977_985872.jpg

オオハナウド
盛りを過ぎ実を結び始めるものも
f0083977_991687.jpg

by sakurasou21 | 2014-06-10 23:02 | 植物
6月6日

2日目は松前に移動して植物観察
車窓からはゼンテイカが斜面を彩っているのが見られた

エゾフウロ (フウロソウ科)
f0083977_16485816.jpg

アマニュウ (セリ科)
f0083977_16492468.jpg

カンボク (スイカズラ科)
f0083977_16495377.jpg

ヒメカンアオイ (ウマノスズクサ科)
f0083977_16502066.jpg

f0083977_1723425.jpg

フタバアオイ (ウマノスズクサ科)
徳川家の葵の紋はこのフタバアオイの葉を図案化したもの
f0083977_16515045.jpg

f0083977_16521788.jpg

f0083977_16524583.jpg

シャガ (アヤメ科)
f0083977_1653424.jpg

フジ (マメ科)
f0083977_16534618.jpg

ドクウツギ (ドクウツギ科)
f0083977_1654699.jpg

サルトリイバラ (ユリ科)
f0083977_16543431.jpg

フタバハギ (マメ科)
f0083977_16544856.jpg

ツルウメモドキ (ニシキギ科) 雌雄異株
雄花
f0083977_16552548.jpg

雌花
f0083977_16553768.jpg

キンギンボク (スイカズラ科)
f0083977_16555758.jpg

ホタルカズラ (ムラサキ科)
f0083977_16562014.jpg

スナビキソウ (ムラサキ科)
f0083977_17241396.jpg

見事な群落を見る事が出来た
f0083977_16565791.jpg

コウボウムギ (カヤツリグサ科) 雌雄異株
雄株
f0083977_16572714.jpg

雌株
f0083977_16574164.jpg

コウボウシバ (カヤツリグサ科) 雌雄同株
f0083977_16582468.jpg

ハマナス (バラ科)
f0083977_16584818.jpg

ハマベンケイソウ (ムラサキ科)
f0083977_1659717.jpg

ハマニガナ (キク科)
f0083977_16592519.jpg

御髪山より渡島小島を望む
f0083977_16593972.jpg


天気に恵まれ お初にお目にかかる可憐な植物に心ときめかせた楽しい2日間だった
by sakurasou21 | 2014-06-08 16:41 | 植物
6月5日

花散歩6月例会は1泊2日で道南の植物を尋ねた
7時半 札幌駅をバスで出発し福島町へ

オオイワカガミ (イワウメ科)
つやつやした8~12㎝の大きな葉が特徴
f0083977_23332854.jpg

f0083977_23334965.jpg


ここでは数種のラン科植物を観察できた
ササバギンラン (ラン科)
50㎝以上と思われる大きさにビックリ
f0083977_2334102.jpg

クゲヌマラン (ラン科)
f0083977_23342468.jpg

イチヨウラン (ラン科)
f0083977_23344155.jpg

f0083977_23345687.jpg

サルメンエビネ (ラン科)
f0083977_23351169.jpg

エビネ (ラン科)
f0083977_23354712.jpg

f0083977_23361039.jpg

f0083977_2336266.jpg

コケイラン (ラン科)
f0083977_2337294.jpg

f0083977_23374327.jpg

チゴユリ (ユリ科)
f0083977_23385169.jpg

ミヤマナルコユリ (ユリ科)
赤みを帯びる茎と葉先がとがり縁が波打つのが特徴
f0083977_23495062.jpg

シオデ (ユリ科) 
f0083977_0626.jpg
若い芽は見た目や味、舌触りがアスパラガスに似て
山のアスパラガスと言われとても美味しいとのこと


クマイチゴ (バラ科)
f0083977_23424044.jpg

タニウツギ (スイカズラ科)
f0083977_23425236.jpg

by sakurasou21 | 2014-06-07 23:28 | 植物
6月1日


北海道神宮から円山動物園を通ってユースの森まで速足でウォーキング
ゆっくり鳥や花を観察する時間は無かったけれど緑陰を渡る風に吹かれて気持ち良かった

6月14日から始まる札幌祭りに向けて山車の飾りつけ
f0083977_223897.jpg


動物園ではテレビ父さんの着ぐるみが
可愛いと言う訳には行かないけれどユニーク
f0083977_223293.jpg


ミツバウツギ(ミツバウツギ科)
f0083977_2235535.jpg


ハイキンポウゲ (キンポウゲ科)
f0083977_2241036.jpg


ユースの森でヒメザゼンソウの蕾を探したが枯れた葉があるばかりで蕾は出ていなかった
by sakurasou21 | 2014-06-01 22:04 | 円山