人気ブログランキング |
ブログトップ

札幌便り

fromsappor.exblog.jp

北の街に暮らし、目にした事・思った事を写真をまじえて綴ります

<   2013年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

1月29日

早朝西の空にまんまるの月
あまりに綺麗なのでパチリ!

6時34分
f0083977_8245196.jpg

6時47分
f0083977_825857.jpg

6時49分  三角山に落ちていく
f0083977_8252368.jpg

by sakurasou21 | 2013-01-29 23:23 | 自然
1月5日

九州最後の日
今日も朝から気温は低め
(札幌よりはずーっと暖かいのに寒く感じるのはなぜ?)

指宿の宿を後にして海岸に沿って北上 鹿児島へ向かう

まず仙厳園へ 
私はどうしても薩摩切子の作品が見たかったのでまず磯工芸館へ
f0083977_11284819.jpg
  
素晴らしい作品ばかりだったが馬上杯を求める

尚古集成館本館(旧集成館機械工場)
幕末 いち早く近代化事業を進めた島津藩の歴史と文化が紹介されている
f0083977_1127181.jpg


その後錦江湾と その上にそびえる桜島を借景にしたお庭を回る
f0083977_11241559.jpg

朱塗りの門 当時は当主と嫡男しか通れなかった
f0083977_11253245.jpg

仙巌園は江戸時代初期に島津光久(19代当主)によって築庭
薩摩は琉球王国を介して中国文化を積極的に取り入れ仙巌園も日本庭園でありながら
随所に中国文化の影響が見られ独自の調和美をつくりだしている
御殿
f0083977_11261486.jpg

正門  (あちらこちらにある篤姫ロケ地の1つ)
f0083977_11264629.jpg

梅の蕾もまだほころびず季節が良ければもっときれいだろうに

時間が無くザーッとみて市内に戻りレンタカーを返して
黒豚の店で鹿児島最後の食事

14時時38分発の九州新幹線さくらで広島へ向かう
f0083977_11275410.jpg

中配列4人のゆったりしたシート 周りも木目調の落ち着いたデザインの車内
f0083977_11281484.jpg

17時14分広島着  
すぐ近くのシェラトンホテルへチェックイン

夕飯は牡蠣料理店「かなわ」で
広島の牡蠣を堪能し妹夫妻は家へ戻る

6日
夫と息子は次の日に札幌へ戻り 私と母は妹の家でもう1泊
広島も今年は寒い

7日 
暫く広島に残る母を置いて新幹線と特急サンダーバードで金沢の娘の所へ

8日 
近江町市場で買い物
魚介類のおいしい北海道だけれど 金沢にも北海道では見られない珍しい食材があり見ていて楽しい
旬のズワイガニの雌(こちらでは香箱蟹という)や雄等を買い札幌へ送る

9日  
9時小松空港発10時35分新千歳空港着のエアドゥーで9日ぶりに我が家へ




   
by sakurasou21 | 2013-01-16 23:21 |
1月4日

朝一番に昨日行けなかった霧島神宮へ向う

途中丸尾の滝に寄る
f0083977_1121148.jpg

f0083977_1134078.jpg


霧島神宮
朝早いので清々しく気持ちが良い
f0083977_1144373.jpg

f0083977_115850.jpg

霧島神宮は創建が6世紀 はじめ高千穂峰山頂にあったが、噴火によって何度か移転
1484年に今の場所へ そして現在の社殿は1715年に島津藩主の島津吉貴が建立したもの

祭神は天照大神の孫であるニニギノミコト 
ニニギノミコトは天照大神からこの国を治めよとの命令をうけ三種の神器を譲り受け
7 人のお供の神と1 人の道案内の神と共に高千穂の峰に降りたという天孫降臨の神話に由来

その後 車は知覧へ
まず蕎麦屋で昼食を摂ってからお庭が美しい武家屋敷群を見て回る

18.6ヘクタールというエリアの中にあわせて七つの池泉式庭園と枯山水庭園が点在 
f0083977_118286.jpg

f0083977_1191336.jpg

その庭園と屋敷を独特の意匠をした生垣がぐるりと囲んでいる
それぞれの生垣及び屋敷は有事の際には塁、防壁として役立つように作られたという
f0083977_1171776.jpg

正月とあって昔ながらの門松を見る事が出来た
f0083977_1195510.jpg

この門松は暮から1月21日までの間、3段階に形を変えるそうで私たちが見たのは
12月28日夕方から1月6日夕方までたてられるもの

円錐状に盛ったシラスに笹のついたままの竹や、松・ゆずり葉をたてて、竹に注連縄をくくる
シラスには薪を3本円錐状に置く
「今年もそこに根付いていられるように」あるいは「3度3度食べれれるように」という意味があるとのこと
f0083977_11105564.jpg

f0083977_1111161.jpg

寒いけれども蝋梅やツワブキ等春の花が咲き春近しを思わせる

お庭を見て回った後 近くの知覧特攻平和会館へ
f0083977_11114496.jpg

特攻隊員が出撃前夜を過ごした三角舎を模したもの
f0083977_1112973.jpg

f0083977_11123474.jpg

会館には家族にあてた遺書などが展示されていたけれど涙無では見られずつらい

ここからさらに指宿を目指して走り以前イッシ―で話題になった池田湖へ
満開の菜の花畑を前にした開聞岳
f0083977_11141010.jpg

指宿で有名な砂風呂に入ろうとしたが1時間待ちで諦める
f0083977_1114559.jpg


今夜の宿は高台の宿「メガポリス 天珠」
以前はメルパルクだったというだけあって建物の規模はすごいが使い勝手が悪く
広すぎて館内が寒かった

北海道の建物はどこも暖かいのに・・・・・
by sakurasou21 | 2013-01-15 23:58 |
1月3日

ホテルの朝食を済ませ鹿児島観光 車でまず城山へ
ここから桜島の雄大な姿を今回初めて目にする
f0083977_10314849.jpg

下山途中車を置いて西郷さんが隠れたという穴を見学
f0083977_10331174.jpg

f0083977_10333034.jpg

次にフェリーで桜島へ渡り
f0083977_10335379.jpg

湯平展望所へ
f0083977_10341420.jpg

ここからの北岳の姿は迫力満点
f0083977_1035115.jpg
 
錦江湾を挟んで鹿児島市の街並みが広がる
f0083977_10352584.jpg

次に有村展望所へむかう
f0083977_1036641.jpg

風向きでまるで龍のように向かってくる煙の塊はすごい
f0083977_10363682.jpg

f0083977_10372222.jpg

ジョウビタキ
f0083977_10425212.jpg

f0083977_1038175.jpg

大自然の営みにすっかり魅せられて 半周して大隅半島へわたる
f0083977_10385063.jpg

f0083977_10391296.jpg

霧島に向かう途中坂元醸造くろず情報館へ
設備の整ったところで黒酢を使った美味しい中華ランチをいただく
桜島と錦江湾と黒酢の甕がずらっと並んだ風景
f0083977_10412640.jpg

庭にはもう春の花が!
f0083977_105038.jpg

ランチを済ませ霧島高原に向かう

まず霧島神宮へと思ったが初詣に向かう車で大渋滞との連絡を熊本から霧島まで会いに来る
息子の友人Mクンからもらい 急遽道を変え直接温泉街へ向かうルートでえびの高原に行くことにした

温かいと期待していた鹿児島だが残念ながらここ数日低温続き
車窓から見えた高千穂の峰も雪化粧
f0083977_10464882.jpg


えびの高原はさらに寒く 長い霜柱や雪の韓国岳を見る事に
f0083977_10433416.jpg

f0083977_10441588.jpg

早めに霧島国際観光ホテルに入り温泉へ
計画するのが遅く正月ということもあり 希望するホテルは取れずお部屋や料理はいまいちだったけれど
湯煙の向こうにはるかに桜島を望む景色と広い露天風呂は気持ち良かった
f0083977_10445584.jpg

by sakurasou21 | 2013-01-15 23:28 |
1月2日
朝7時48分 船上から迎えた日の出
f0083977_1017316.jpg

8時30分定刻新門司港に到着
f0083977_10172699.jpg

f0083977_10174438.jpg

f0083977_1018712.jpg

小倉からレンタカーで九州の南端鹿児島目指して出発

九州自動車道に乗り途中休憩を取りながら
八代JCTで南九州自動車道に移り最初の目的地出水市へ

鶴の飛来地へ行くと1万羽以上のナベツルやマナツルが優雅に飛んだり餌をついばんだり圧巻だった 
f0083977_10203230.jpg

f0083977_10205838.jpg

f0083977_10212498.jpg

f0083977_10213931.jpg

f0083977_1022331.jpg

f0083977_10222068.jpg

f0083977_10225276.jpg

f0083977_10233566.jpg

f0083977_1024145.jpg

出水市のホームページより
「特別天然記念物鹿児島県のツルおよびその渡来地」として指定を受けています。
その指定区域面積は約245ヘクタールあります。

出水市荒崎地区がツルのねぐらとなったのは、
島津藩による最初の干拓ができて数十年を経た元禄年間(1700年前後)のころといわれています。
昔は九州にも数箇所の渡来地があったようですが、現在はここ出水市荒崎地方だけとなっています
ツルは、シベリア地方から中国を南下して韓国に渡り、さらに南下して壱岐を通り、長崎半島から八代海を通って、
当地に渡来してくるといわれています


 時間切れで凄い風景に心残したまま鹿児島市内へ向かう
5時半過ぎ鹿児島中央駅前のB・Bパークホテルへチェックイン

広島から一足早く来ていた妹夫婦と落ち会い「あさじろう」 
できびなごや黒豚等おいしい薩摩料理の数々とお酒で九州での夜を満喫した
by sakurasou21 | 2013-01-15 23:14 |
平成25年1月1日
例年慌ただしく過ごす大晦日をゆっくり過ごし 新年はまだ暗いうちに起床
6時半ごろ夫と北海道神宮へ初詣

こんな時間でも大勢の人が参拝 私も1年の平安を祈願 
f0083977_1064158.jpg

f0083977_107438.jpg

f0083977_1072456.jpg

帰ってからお雑煮を家族4人で食べた後タクシーで札幌駅に向かう
鹿児島への旅の始まり

まず千歳空港10時30分発ANA便で神戸空港12時30着

久しぶりに三宮から元町筋6丁目まで歩き南京町まで戻って「昌園」で夕食
やっぱり美味しい!!
f0083977_109570.jpg

f0083977_1092797.jpg


そして六甲アイランドに向かい阪九フェリー「すおう」に乗り込む船室はゆったりしたツイン
f0083977_10101724.jpg

20時出航

21時明石大橋の下をくぐる  ライトアップされていて綺麗
f0083977_10105536.jpg

f0083977_101120100.jpg

f0083977_10115018.jpg

12時頃瀬戸大橋の下を通過するので起きて部屋から眺める
f0083977_1012761.jpg

遅い為かライトアップされていなかった
by sakurasou21 | 2013-01-15 23:02 |