人気ブログランキング |
ブログトップ

札幌便り

fromsappor.exblog.jp

北の街に暮らし、目にした事・思った事を写真をまじえて綴ります

<   2008年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

今朝 円山を散歩していると奇妙なものを見つけました

マタタビの実なんですが 普通は右端のように綺麗な楕円形をしています
ところがこの枝に付いているのはご覧のようにデコボコ
f0083977_23414146.jpg

f0083977_23503916.jpg
調べてみると
「マタタビのつぼみの頃か、花の開く直前に「マタタビアブラムシ」という小さな昆虫が、花の子房に産卵すると、花後正常の形をした果実とはならずいわゆる虫こぶのようになります。
これを、生薬の木天蓼(もくてんりょう)と呼んで生薬として用います。」とあり
冷え性、神経痛、リューマチなどに効果があるそです

中はどうなっているのでしょうね



盛りは過ぎていましたがエゾトリカブトとキツリフネが
紫と黄色の美しいコントラストを見せていました



f0083977_23531013.jpg

by sakurasou21 | 2008-08-31 23:55 | 植物
8月27日

久しぶりに草花を離れ 北海道の歴史を勉強してきました

5年ほど前 NHK北海道制作の番組で2年半に亘ってシリーズで 
北海道開拓の歴史の表舞台に立った人 陰で懸命に生きた人々を掘り起こして紹介する番組
人間登場ー北の歴史を彩るー」がありました(残念ながら私は見てません)

その時ナビゲーターを務めたノンフィクション作家の合田一道さん 
キャスターの橋本登代子さんはじめ制作にあった人々が番組終了後も勉強しようと作られた一道会の講演です

スミレホテルで昼食の後 先ず橋本登代子さんが 渡辺カネについての講演

橋本さんは放送後も開拓の母として慕われた渡辺カネの人となりに興味を持ち 先日帯広まで取材に行って得た生々しいエピソードを紹介してくれました

二人目は 札幌村郷土記念館の大島守さん
80歳過ぎとは思えないパワーで 札幌村の開発や創生川の元を築いた大友亀太郎と創生川の変遷を語ってくださいました


最後は合田さん 開拓使判官島義勇北海道紀行草稿に綴られた漢詩から島義勇がその任を拝命してからわズか4ヶ月で任を解かれ北海道を去るまでの心情を辿りました

北海道は狩猟に頼るほとんど縄紋時代のような文明からわずか百年で近代文明に推移したため その歴史を詳しく知る事ができます

今 私が快適に暮らしている大好きなこの地が多くの人の強いこころざしと犠牲の上に成り立っている事を改めておもいしりました
by sakurasou21 | 2008-08-29 06:04
8月21日の花散歩では他にも色々な花に出会いましたがその中から幾つか
ナンバンハコベ
花はまだ見た事がありませんが 黒く熟した実を見つけました
f0083977_6394943.jpg


f0083977_6412363.jpgツリフネソウ

在来種のツリフネソウは距(キョ)が渦巻きになり 
花の下部に毛がありますが
よく似たハナツリフネソウの距は伸びて毛はありません
f0083977_643388.jpg


ハナツリフネソウ
f0083977_644174.jpg

もともとは園芸種として入ってきましたが 
北海道では野生化してあちらこちらで見られます

カリガネソウ
本州でも見られますが私は初お目見え
雌しべと4本の雄しべが長く湾曲して突出ているのが目を引きます
f0083977_6451649.jpg

鮮やかな紫の花が寂しくなった森の中を華やかにしていました
f0083977_6453390.jpg

by sakurasou21 | 2008-08-26 21:48 | 植物
昨日に続き ツキヌキオグルマの画像をアップします

草丈は私の背丈より高く2メートルほど
f0083977_2310218.jpg


この花の葉っぱと茎がユニークなんです
四角のがっしりした茎が葉を突き抜いていて そこには雨水が溜まっていました
f0083977_23113134.jpg

ここからツキヌキオグルマの名が付きました
f0083977_23131960.jpg

by sakurasou21 | 2008-08-24 23:14 | 植物
8月21日

花散歩8月例会はバスで安平町追分方面に

札幌からは国道274号線~234号線を走り追分へ向かいます

車窓からはススキ・萩など秋の花が見えますが
目立つのは道路脇に咲くオオアワダチソウ・ノラニンジン・ムラサキツメクサ等の帰化植物

そこで写してきた画像から帰化植物をピックアップして見ました

シャグマハギ
f0083977_231296.jpg

オオハンゴンソウ
f0083977_23125621.jpg

ツキヌキオグルマ
f0083977_23181886.jpg

ハナガサギク
f0083977_2319485.jpg


群れて咲くので美しいのですが だんだん在来種が逞しい生命力に押されて姿を消していくようで不安です
by sakurasou21 | 2008-08-23 23:27 | 植物
f0083977_22445082.jpg夕刊からの記事です

今朝は北海道の上空に寒気が入り込んだため 道北を中心に8月としては観測史上最低の気温となったようです
せっかく実りを迎えた農作物に影響がでなかったか心配・・・・・

本州も今日は少し暑さが和らいだようですね

札幌は 最高気温 23.0℃ 最低 気温13.3℃
風があり湿度も低かったので日中も長袖の上着を羽織って出かけました

小学校は夏休みが終わり昨日8月20から2学期が始まり
青空を背景に赤とんぼが飛び交っています

夜明けは遅くなり 日が暮れるのも日に日に早まって夕方が気ぜわしくなりました

           ・・・・・もう秋が始まったようです・・・・・・
by sakurasou21 | 2008-08-22 22:51
今日もまた花・・・・・です
花に興味のない方 退屈なお便りでごめんなさい

8月13日 

先日天人峡で黄色のハゴロモホトトギスを見ましたが
支笏湖を源流とする千歳川沿いに白色のヤマジノホトトギスが咲いているとの事で案内してもらいました

このあたりヒグマが出没する事があるので 熊避けの鈴を鳴らしながら歩きます
f0083977_231584.jpg

片側には清らかな千歳川の流れ(カワセミやヤマセミがやってくるそうですが見つけられませんでした・・・)反対側の斜面にヤマジノホトトギスが咲いていました
f0083977_2315466.jpg

この名前は花びらにある紫色のそばかすのような斑紋がホトトギスの胸の斑紋と似ていることから付けられたそうです
f0083977_2323554.jpg

アルビノでしょうか真っ白な花もありました
f0083977_2331144.jpg


そして華やかなジャコウソウの花も今が盛り
茎を揺すると、麝香に似た匂いがすることから名付けられたそうですがあまり匂いませんでした
f0083977_234278.jpg

f0083977_2345033.jpg

その他モミジカサ・オオヤマサギソウも初お目見えの花です
           モミジカサ
f0083977_235532.jpg

           オオヤマサギソウ
f0083977_238840.jpg


野幌森林公園でツチアケビの花が咲いているとの事で帰りに寄ってみました

ツチアケビは葉緑素を持たないラン科の腐生植物
昨年宮が丘公園で見たのは貧弱な株でしたが 今年のは立派
真ん中の株にはソーセージのような実も付いていました
f0083977_239982.jpg

f0083977_2395669.jpg


お盆を過ぎると札幌もそろそろ秋が近くなってきます
こうして花を探して歩けるのもあとわずかです
by sakurasou21 | 2008-08-16 23:20 | 植物
8月8日

花仲間の友人三人でJRと路線バスを使って大雪山旭岳の西に広がる裾合平を歩いてきました

JR札幌発(スーパーカムイ3号)7:40__旭川着9:16
旭川駅前発バス(いで湯号)9:30__旭岳10:40着
旭岳ロープウェイで姿見駅まで12分

いつもはここから姿見の池を目指すコースを行くのですが 
今回は左の道を進み2つの火口湖からなる夫婦池を過ぎ
いく筋もの沢を横切り裾合分岐に向かいました
f0083977_1641514.jpg

前方の烏帽子のような山は大塚岳
f0083977_16472465.jpg

噴煙上がる旭岳とチングルマの綿毛
f0083977_16395463.jpg

さらに進むと中岳温泉に行くのですが 今回の目的は花を見ること
ゆっくり歩き 途中花を眺めながら昼食を摂ったりしていると分岐点手前で 引き返す時間になってしまいました

エゾコザクラやツガザクラ等の夏の花も見かけましたが
f0083977_1644565.jpg

主役はやはリミヤマリンドウやエゾオヤマノリンドウなどの秋を告げる花でしょう
f0083977_16453184.jpg

     ミヤマアキノキリンソウ
f0083977_164693.jpg

     ミヤマリンドウ
f0083977_16464375.jpg

     ウラジロタデ
f0083977_1754684.jpg

そして赤や白・黒に色付いた実も目を楽しませてくれます
f0083977_16482346.jpg

f0083977_17145344.jpg

コケモモの花と実の両方を見ました
f0083977_1648431.jpg

シラタマノキの花と実
f0083977_16495480.jpg

チングルマの花と綿毛
f0083977_179096.jpg

小さな花をアップ
f0083977_1732057.jpg


4時30発のロープウェイで下山
旭岳発17:05(いで湯号)__JR旭川駅着18:15
JR旭川駅発(スーパーカムイ48号)18:30__札幌19:50着

いつもながら時間がなくて後ろ髪を引かれる思いの花散歩でした
by sakurasou21 | 2008-08-14 17:15
7月29日
旭山動物園に 6月28日新しく「オオカミの森」がオープンしたというので帰省していた息子や母とドライブがてら見てきました

朝7時に家を出て9時半の開園直後に入場
平日でしたが夏休みでかなり混んでいました
さすが人気の動物園ですね

さっそくオオカミの森へ向かいました

「放飼場には、木、岩山、小川があり、また檻で区切ってエゾシカも飼育し、100年前の北海道の自然を感じてもらうような施設になっています。そこで、オオカミは、円形になっている放飼場を走り回ったり、小川で水浴びしたり、岩山の頂上で遠吠えをしたりとさまざな行動を見せてくれます。」
とホームページに書いてあったのですが この日の旭川市の最高気温28℃と北海道人そして北海道の動物達にもかなりきつい暑さ!

ようやく見つけた3匹の狼は 日陰でゴローンと寝そべっていてピクリともしません
その姿はどう見てもただの犬にしか私には見えない・・・・・(画像もありません)

ペンギンやアザラシなどの人気施設も長ーい行列
何度か見ているのでこれらはパス

レッサーパンダの飼育場を通ると人だかり

昨年12月に完成した放飼場と向かい側にある木を結ぶ「レッサーパンダの吊り橋」があり
頭上をレッサーパンダが渡って行ったよですが 私は樹上で気持良さそうにお昼寝をしている姿を見ただけ
f0083977_794023.jpg

早々に引き上げて 美瑛の丘の景色を見ながら富良野の富田ファームへ行き「彩りの畑」で目の保養
f0083977_7104937.jpg

f0083977_711312.jpg


そして6時ごろには帰宅
それでも暑かったせいか母は疲れたよう

本州の暑さに比べればたいした事はないのですが 北海道で暮らし始めて5年程たつと身体も北海道人並みになったようです
by sakurasou21 | 2008-08-12 06:03 |
7月24日  


f0083977_15403118.jpg
当初 ハゴロモホトトギスを見るために予定していた温泉街脇の遊歩道入口から羽衣の滝・敷島の滝を巡るコースは 前日の雨で通行止めになってしまったので滝見台コースを行くことになりました

天人峡温泉街の羽衣橋から三十三曲という急坂をジグザグに登っていきます
トムラウシ山への登山道でもあるこのコース 道は狭く険しく 道を塞ぐ太い倒木をまたいで越えたりしながら かなりきつい登り道を1キロほど歩きます

でも道の両側には目立たないけれども可憐な花が咲いているのでそれらを探しながらゆっくり歩いていくとそれほど苦にはなりません

やがて「あと500m」の看板があるあたりからは道は緩やかになり間も無く滝見台に到着

残念ながら正面に見えるはずの旭岳は雲の中でしたが対岸の優雅に流れる羽衣の滝を眺め汗が引くのを待ってまた急な山道をひたすら下山 

下りのほうがきつく 膝はかなりガクガクになってしまいました・・・・

小さく目立たないランの仲間 
アリドオシランはわずか5~8cm程ですが目が慣れてくると真っ白な姿は目を引きます
f0083977_15502981.jpg


赤や青の実も目に付きます
f0083977_15513586.jpg


ハゴロモホトトギスのほかにもエゾアジサイ・コイチヨウラン・ヤマブキショウマ・トリアシショウマ等等 の花々が疲れを忘れさせてくれました
f0083977_15555373.jpg

by sakurasou21 | 2008-08-02 15:57 |