人気ブログランキング |
ブログトップ

札幌便り

fromsappor.exblog.jp

北の街に暮らし、目にした事・思った事を写真をまじえて綴ります

<   2008年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

暑中お見舞い申し上げます


f0083977_10233646.jpg

本州はここ数日猛暑が続いているようですが お変わりありませんか?

札幌も30℃近くになる日もありますが 今のところおおむね25℃前後の過ごしやすい日が続いています

24日には大雪山旭岳の山裾にある天人峡から羽衣の滝を見下ろす展望台まで歩いてきました

羽衣の滝は大雪山の主峰旭岳を源流とする二見川とアイシポップ川が合流して流れ落ちる滝です

大正時代の文豪大町桂月により天女が羽衣を翻して舞っているように美しいと命名されたそうです


f0083977_10292963.jpg
              大雪山固有種の黄色いハゴロモホトトギス

深山の冷気が届くといいのですが・・・・・
by sakurasou21 | 2008-07-27 10:35
先日愛知県のK・Hさんからジャムが届きました

自宅の庭で収穫したスモモとユスラウメの実を使ったご主人の手作りのジャムです

写真入のラベルが貼ってあったので初めは既製品か?と思ってしまいました
パソコンを使ってこんな楽しい事もできるのですね
f0083977_524011.jpg

早速頂きました
無添加 無着色 味も香りもそれぞれ違って美味しく爽やか 
ヨーグルトにかけると色も鮮やかで美しい!!

有難うございました

手作りジャム続きで笑い話を一つ(笑い話でよかった・・・・)

我が家の夫もここ数年梅酒作りを楽しんでいます
今年も漬け込み 昨年の梅酒の梅でジャムを作りはじめました

すると突然けたたましいベルの音が部屋中に鳴り響きました
換気扇を回さなかったので 煮詰めているうちにアルコールが充満してガス探知機が作動してしまったのです

すぐに管理人さんは飛んで来るし 警備会社から電話が入るし ガスは止まってしまうし・・・・

やがてベルは止まりましたが 思わぬところでセキュリティーの威力を確認したのであります
by sakurasou21 | 2008-07-24 05:33
7月4日
小雨が降ったり止んだりの生憎の天気
礼文岳登山や礼文滝方面への散策はあきらめバスで島内を回ることに 
霧がかかりすっきり見えませんでしたが
礼文島最北端のスコトン岬
f0083977_6343728.jpg

f0083977_6452521.jpg

澄海岬  海に落ちてゆく崖に咲くエゾゼンテイカとエゾノシシウド
f0083977_642402.jpg

植物園ではレブンアツモリソウが培養されていて花時が終わった後数ヶ月の間
美しい姿を見る事ができるようになっていました

午後からは礼文林道を散策 
色々な花を愛でながらレブンウスユキソウの群生地までを往復
f0083977_6523352.jpg


都合で礼文滝への道や桃岩展望台から元地灯台まで続く花の道を歩く事ができなくてが残念でしたが 雨にもあわずなにより

7月5日
雨は降っていなかったのですが霧が深く 景色を楽しむ事ができないと
地蔵岩に立ち寄ってから10時のフェリーで早めに稚内に戻る事になりました

危険なので地蔵岩 (画像の右側 大きく割れた岩が合掌する手のひらのような岩)
の近くまでいけませんが手前にはハマナスやハマエンドウ等海浜植物が咲いていました
f0083977_6564244.jpg

f0083977_714695.jpg


f0083977_7145069.jpgフェリー乗り場の近くで見つけた薄雪万年草

稚内港に入っていくと70本の柱列が並ぶ美しい北防波堤ドームの姿が見えてきます
f0083977_792756.jpg

f0083977_79404.jpg


帰路サロベツ原生花園を30分ほど散策
可憐なトキソウ等をを見ることが出来ました
f0083977_718387.jpg


後はひたすらまたバスで札幌へ

バスでの長旅は大変でしたが 交通の不便な礼文島内 
自由にあちこち回ることができてやはり助かりました
by sakurasou21 | 2008-07-13 07:23 |
7月3日~5日まで礼文島へのバスツアーに誘われ出かけてきました

マイクロバスで札幌駅を7時過ぎに出発
道央自動車道で深川まで行き
留萌から日本海に沿って稚内まで続くオロロンラインを北上

途中初山別の天文台のある公園でで昼食休憩
f0083977_2318030.jpg

この天文台は白線流しというテレビドラマで日本最北の天文台として登場したとか

f0083977_23242777.jpg

f0083977_2325155.jpgさらに北上してサロベツ原野の浜勇知園地でちょうどコウホネが咲いているので立ち寄りました
このあたりからはからは日本海に浮かぶ利尻富士が朧に眺められました


そして札幌を出発して7時間 14時過ぎに稚内に到着
さらに15時のフェリーで礼文島の鴛泊港まで2時間
ようやくお宿「北海荘」に入ったのは17時過ぎ  

長い道のりでした

建物は決して綺麗とは言えませんが 
夕食はウニやカニ など近海の新鮮な魚介類たっぷりの献立に疲れも消えました


f0083977_23285797.jpg

by sakurasou21 | 2008-07-12 23:39 |
6月12日

昨日大急ぎで回った故宮博物院もう一度ゆっくり見に行きました

地下鉄(MRT)一日乗り放題のチケットで士林駅へ
そこからタクシーで10分程で着きます
f0083977_6222060.jpg


ミュージアムショップで日本語のガイドブックを買って見学開始
65万点もの収蔵品のうちの約2万点が1階から3階までの部屋に常設展示されています

すべてを見てまわる事はとてもできないので 昨日見た中でもう一度見たいもの 見たかったのに見残したものをピックアップ

平日の朝一番ということもあって比較的すいており 人気の作品も間近でゆっくり見れました
館内は撮影禁止なので素晴らしい至宝の数々を紹介できませんが ガイドブックから一部をコピーしました
f0083977_6253966.jpg

今から4千年も前に 透かし彫りが施された薄く繊細な陶器や美しい模様を彫刻した玉器を持つ文化があったことに驚き
③象牙多層球
皇帝の帽子掛けです
1本の象牙からできていて継ぎ目がなありません
上部の球は21層からなりそれぞれが回転し しかも繊細な模様が施されています
親子3代に渡って受け継がれてようやく完成したそうですが
どのような技法でこんなに見事なものを作り上げたのでしょうか?
他に有名な 翡翠で作られた翠玉白菜④
豚の角煮にそっくりな肉形石⑤
橄欖核彫小船
34mmの長さの小さな橄欖の種子に船とそれに乗っている人々や調度品まで彫られています
f0083977_6354518.jpg

竹絲纏枝花夰文宝格円盒 
27点の小さな玉器や巻物などが収まっていて曲げると四角柱や円柱にもなる展示棚
f0083977_635939.jpg


どれもこれも溜息をつきながら見ました

故宮博物院見学後は地下鉄で民權西路まで行き 
昔ながらの街並みが残る迪化街で乾物や漢方薬の店をブラブラ覗いたり(写真を撮ることを忘れていて画像がありません)
再び地下鉄で古亭駅へ出て永康街をぶらついて冰館で再び名物のマンゴーかき氷を食べたり圓融坊panapinadで素敵なバッグやTシャツ 箸置きなどの雑貨を買ってホテルへ
随分歩き回った1日でした

でもこれでこの日が終わったのではありません
今日も仕事を終えたミスKに会い夕食に小籠包で有名な鼎泰豐に案内されました
ほおばると熱い肉汁がジュワーッと口に広がりやっぱり美味しい!!

冰館のかき氷                    鼎泰豐の小籠包
f0083977_6524493.jpg
f0083977_6501799.jpg


翌6月13日は9時10分発の飛行機で帰国 
楽しみにしていた故宮博物院の至宝の数々はやはり素晴らしかったし 
食べ物も庶民的なB級グルメがほとんどでしたがどれも美味しく 予定通り体重は右肩上がり・・・楽あれば苦あり 今は膨れてしまった胃袋を食欲と戦いながら小さくしようと頑張っているのであります
by sakurasou21 | 2008-07-10 07:01 |
6月11日続き②

f0083977_20453465.jpg夕方とあって道路はスクーターで帰宅を急ぐ人達でいっぱい
多い時には1信号で止まるスクーターの数は100~200台にもなるそうです

さて皆と別れてから近くの雑貨店友達芸品を覗いてお土産を探し
店には日本語の達者な人がいてパワーストーン(台湾人の多くは男女を問わず翡翠などのパワーストーンを身につけていました)の金髪晶のブレスレットや玉を使ったかわいいストラップを購入

そして6時半 仕事が終わったゆりっぺの台湾人の友人ミスKと会い有名な士林夜市を案内してもらいました

昨夜に続きここでも圧倒的な台湾パワーに私達も巻き込まれテンションアップ

様々な食べ物を売る屋台がズラーッと並び見るものすべて珍しく 
いろんな店で少しづつ買い皆で分けあってお味 
エビの入ったフワフワモチモチの台湾風オムレツ ビッグサイズの鳥の唐揚 
並んで買った焼たての胡椒餅を歩きながら頬張ったり・・・・
どれも美味しいでしたが 今でも忘れられないのが食後デザートに食べたマンゴーカキ氷
ちょうどマンゴーの季節で その後何店かでマンゴーのカキ氷を食べたのですが 
士林夜市「仙人掌」の綿々というマンゴーのカキ氷はパウダースノーのように細かく滑らかな食感がたまりません 
    アーもう一度食べたい
f0083977_2052235.jpg


これから足ツボマッサージに行くというゆりっぺたちと別れて私達はホテルに戻り 
台湾2日目も満腹状態で眠りに・・・・今日は何キロ太ったかな?
by sakurasou21 | 2008-07-08 20:55 |
6月11日続き

お茶セミナーの後バスの車中から総統府(台湾のホワイトハウスだそうです)を見て
f0083977_1194316.jpg

蒋介石総統を記念した中正紀念堂へ
青い屋根と白い大理石の壁が美しい
大理石の壁はひんやりとしていて冷房をしてなくても建物の中は涼しくて快適でした
f0083977_1123364.jpg
f0083977_11232483.jpg


ソロソロお腹もすいて来たのですが先に免税店に案内されお土産を少し買い
ようやく「梅子」で昼食  
台湾料理の3大人気店とありますが ツアーの中でのメニューなので特別美味しいと言うほどでは・・・・・

昼食後向かったのは漢方薬の店
ここで希望者は足ツボマッサージを受ける事ができるのですが私は苦手なのでパス
好きな人は痛いけれどとても気持ちよかったそうですよ

そしてようやくこの旅行で一番楽しみにしていた故宮博物院
1時間しか見学時間がないので主なところをザーッと案内してもらったのですが やはりすごい!!!(内部は撮影禁止)
中国6千年の歴史と人間業とは思えない見事な技に圧倒されました

そして忠烈祠へ向かいました
ここなは主に戦争で亡くなった英霊が祀られているそうです
f0083977_11273410.jpg

f0083977_11493842.jpg
陸、空、海軍から選ばれた衛兵が、交代で大門と大殿の守護を担当
任務に就いている1時間は微動だにせず 
またまばたきも控えるよう指示されるのだとか
まるで人形のよう

f0083977_1150592.jpg
忠烈祠といえば衛兵交代が有名なんだそうです
毎時ちょうどに行われるので4時の交代を見ることが出来ました

ピカピカに磨き上げられた銃を肩に 軍靴をガシャン、ガシャンと響かせ
 一糸乱れぬ様子で行進していく様子に思わず見とれてしまいます
f0083977_1154279.jpg

f0083977_11555123.jpg

その後DFSに案内され5時頃解散
興味の無いところにも連れて行かれますが 効率よく台北市内をザーッと見学できたようです
by sakurasou21 | 2008-07-07 11:58 |
6月11日

今朝も予報に反して朝から晴れ
雨具は用意してきましたが 日除け対策はしてなくて嬉しい誤算

早めの朝食を済ませ 市内観光のバスツアーに参加

現地のガイドに先ず案内されたのは保安宮
f0083977_23524472.jpg

f0083977_23415188.jpg


医療 長寿の神として崇められている保生大帝を本尊とする道教寺院で 龍山寺 清水巌と並ぶ「台北の三大廟門」の一つ

私達も家族の健康を祈り 台湾式のお参りをし お御籤を引きました
(三日月形の木片2つを手に取り神様にお御籤を引いてもよいか伺い手を合わせて投げて木片が1つずつ裏表になればお許しが出たと言う事で番号の書かれた棒を引くことができます その番号の紙に書かれたのが占いの結果です)
日本と違うところは 台湾の神様は皆とても忙しいとかで お願い事がある場合は参拝のときに自分の名前・住所・生年月日・職業を告げ神様にきちんと自己紹介をしないと願いを聞き入れてくれないそうです

すぐ近くに孔子を祭る孔子廟がありますが改装工事中で外から眺めるだけ

次にまわったのは龍山寺1738年に創建された台北で最古のお寺
仏教・道教・民間信仰の神様が一堂に祭られています
境内は平日の朝と言うのに遠方からもお参りに来てお経を唱える人であふれかえっています
f0083977_23432049.jpg

そして台の上にはお花やお供えのお菓子・果物が所狭しと置かれています 
日本と違ってこれらのお供え物はお祈りの後持ち帰って家で食べるのだそうです
f0083977_23435935.jpg

お寺の前にはお供え物を売る店や 屋台も出て賑やか
f0083977_23452527.jpg


次に案内されたのは中国茶のセミナー
f0083977_2348618.jpg

美味しい烏龍茶の入れ方等教わり 標高1400mの阿里山で作られた高山烏龍茶を試飲
金木犀に似た香りにスーッとした爽快な感じが残ります

幾つか購入し帰宅後もお茶うけの蓮の実のはちみつ漬けと一緒に
この薫り高いお茶を楽しんでいます
茶殻は佃煮にしたりふりかけにしたり―チョッと苦味は残りますが体に良いとのことで毎日少しずづ食べてます
by sakurasou21 | 2008-07-03 00:04 |
6月10日

気分転換のため 近場の海外旅行に出かけようと言う事になったのが出発1週間前 
季節的には暑いし雨の多い時期 何処に行こうか迷った結果台北に行く事にしました

台北もちょうど梅雨時 ネットで見ると連日雨・雨・雨ですが 以前から行ってみたいと思っていた故宮博物館なら雨でもOKというわけで・・・・

新千歳空港15時発 4時間のフライトで現地時間18時(時差1時間)に台北の台湾桃園国際空港に到着

旅行社のガイドに迎えられ車で40分ほど 市内のEMPEROR HOTELHEへチェックイン

札幌から行くとさすがにムッとした湿度の高い空気に包まれ「ア~台湾だなー」と実感しますが幸い雨は降っていません

一息ついて遅い夕食を摂りに「好記坦仔麺」
f0083977_15363791.jpg

ここは迎えに来てくれた旅行社の人に教えてもらった レトロ調の庶民的な台湾料理を食べさせてくれる所
人気店とあって観光客やビジネスマン 地元の人で込み合っていましたが 予約を入れてもらったのでかなり早く奥のクーラーのきいた席へ案内されました

待っている間に店頭に並べられた実物のサンプルメニューの中からあらかじめ選んでおくと 席に着くと間も無くご馳走が運ばれてきます

機内食を食べた後と言うのに 待っている間に匂いに刺激され食欲がでてきました
f0083977_15395886.jpg
①蟳仔米糕
新鮮な蟹と魚介類を丸ごと一緒に蒸したおこわ
ほぐした身やカニ味噌を混ぜて食べるのですがカニ味噌が甘くておいしい!


②蚋仔
生のしじみを醤油と紹興酒・ニンニク・唐辛子に漬け込んだもの ツルッとした食感が独特


③佛跳スープ
フカひれや豚モツ・魚介類・野菜等を煮込んだスープですが何を食べているのか分らない・・・・でもスープが美味しいしコラーゲンたっぷり お肌もプリプリになりそう


④坦仔麺
この店の看板メニュー  エビのダシスープが美味し


⑤魯肉飯
豚角煮味のそぼろご飯



食後は腹ごなしにブラブラ歩いてホテルまで戻ったのですが道々目にする人々のエネルギーに圧倒された台湾一日目の夜でした
by sakurasou21 | 2008-07-01 15:49 |