人気ブログランキング |
ブログトップ

札幌便り

fromsappor.exblog.jp

北の街に暮らし、目にした事・思った事を写真をまじえて綴ります

<   2007年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧

今 札幌ではノルディックスキー世界選手権大会が開かれています

22日開会の日 円山の市長公館の前を通りかかると愛嬌たっぷりの雪だるまが立っていました 
f0083977_21352198.jpg

そして首からかけられたプラカードには「みんなでノルディックへ行こう」と書かれていました
始まるまでもう一つ盛り上がりに欠けていて応援に雪だるまが借り出されたよう

でも大会史上始めてのドームでの競技
屋外と屋内の全く異なる雪室への対応やコースの維持管理に苦労が多かったようですが観客には特に好評だったようです    (24日北海道新聞)
f0083977_21192227.jpg

25日地下鉄に乗ろうと円山公園駅に行くと大勢の人が降りてきました
大倉山競技場でのジャンプ競技を観戦に行く人達です
そしてこの日 日本は団体で「銅」メダルを取りました

昨日から後半戦に入りました 日本選手の活躍を期待しましょう
by sakurasou21 | 2007-02-28 21:59
2月18日

目覚めて外を見ると海が白く広がり 一点がほんのり赤味がかっている
日の出が見れるかもと大急ぎでホテルの展望所へ登ると太陽がすでに顔を出していました
f0083977_234338.jpg

港まで行ってみると氷が張っていましたが 防波堤の外は海面が広がっています
f0083977_2343191.jpg

朝食後まず訪れたのはオホーツク流氷科学センター
ここには-20℃の厳寒体験室があます 
一年中本物の流氷が展示してあり 氷漬けになった魚が並ぶ流氷水族館も楽しいです
シャボン玉もここでは凍り付いて薄いガラスが割れるようにかけらが落ちています
f0083977_0104324.jpg

このほか全天周映像ホールで雄大な風景を体感する事もできますが今回はガリンコ号の乗船時間が迫りあきらめました

この頃から天気が怪しくなり 南西の風が吹きつけ 暖かい湿った雪が降ってきました
流氷は風によって大きく移動します
北・東風が吹くと海岸に近づくのですが 南・西の風が吹くと沖へ押しやられてしまいます
案の定 前の便が流氷を遠くまで追いかけたため出航が遅れ私達の便も小さな流氷帯を通っただけ
f0083977_09599.jpg

氷を巨大なドリルで割って進むガリンコ号の迫力ある航行は残念ながら体験できませんでした

去年は流氷帯が小さく見られる日が少なかったようです
今年は例年並みとのことですが やがて地球温暖化で流氷を見ることが出来なくなるとも言われていますがそんな事になりませんように

ガリンコ号下船後 再びバスで網走に戻り 網走から特急おおぞらで札幌へと帰り 厳しくも美しい冬の北海道を堪能した旅を無事終えました
by sakurasou21 | 2007-02-28 00:23 |
2月17日

ツインクルバスで知床斜里駅に到着 次のノロッコ号出発までの間に斜里川の河口に行ってみると流氷が接岸していました!!
今年は暖冬のせいか流氷がなかなか接岸しなくて心配していたのです
f0083977_22293793.jpg


そして11時57分発の流氷ノロッコ号4号で網走に向かいました
ノロッコ号は釧網線の知床斜里駅と網走間を景色を見ながらゆっくり走ります
f0083977_2240543.jpg

大きな窓からオホーツクの海を埋め尽くす流氷を眺めたり 案内の放送を聴いたりしていると北浜駅に到着 ここで10分間の停車中見学することができます
この駅はオホーツクの海のすぐ近くにあり展望台に上がるとノロッコ号と流氷の海とまっすぐ続く線路や知床の山々が眺められました
f0083977_2252145.jpg

56分程で網走駅に着き昼食をとることにしました
今白いカレーなるものが流行っていますが まだ食べたことがありません
網走セントラルホテルでは7年前から作っていたとの事でさっそく行きました
名づけて流氷カレー デザートも流氷をイメージしています
ホタテ・かに・ホッキ貝のソテーが添えられおいしかった~
f0083977_2383760.jpg


そしてまだ時間があったのでタクシーでオホーツク海に突き出た能取岬へ行って流氷を見る事にしました  ここで思いもかけず素晴らしい光景を目にすることができました
f0083977_23162881.jpg

前に来た時は流氷が海を覆いつくし 雪原が広がっているのか海なのか分らないほどでした
ところが今回は白い氷の帯が波の動きに乗ってうねっています 

何時までも眺めていたい光景でしたが 時間がなくなりました
また是非来て見たいと思いましたが 地球温暖化のせいかだんだん流氷も見られなくなってきているようです

網走駅に戻りここから東北海道エクスプレスバスで宿のある紋別まで行き感動の連続だった1日が終わりました

途中立ち寄ったサロマ湖はすっかり氷結していました
f0083977_23333891.jpg

by sakurasou21 | 2007-02-26 23:52 |
2月17日

朝から綺麗に晴れ上がり 気温もそれ程低くは無いので(といっても-7℃ですが)朝食前に近くを散歩しました
すると温泉が流れる水場に鹿が沢山いて 近づくとジッとこちらを見るのですが逃げる様子はありません

f0083977_10212266.jpg

f0083977_10213366.jpg

他にもエゾリスや数種の鳥が忙しそうにお食事中
除雪車もフル稼働です
f0083977_10273063.jpg


食事後バスの出発時刻までに時間があったので宿の方に屈斜路湖まで連れて行ってもらいました

三年前に来た時は朝7時の気温が-20℃を下回り 湖畔の木々は霧氷で真っ白になっていてため息が出るほど美しかったのですが 今年は暖冬で見られず残念

湖面もおみわたりが出来るほどしっかり凍るのですが 今年はほとんど凍っていません
そのためかオオハクチョウが沢山冬をここで過ごしていました
f0083977_1035137.jpg


9時50分再びツインクルバスに乗り 川湯から知床斜里駅に11時到着まで車窓から斜里岳の真っ白な姿や雪景色を堪能 
f0083977_10554691.jpg

この後も素晴らしい旅は続くのですが次回に
by sakurasou21 | 2007-02-25 11:00 |
2月16日

楽しい事をしていると疲れませんね~
昨日の旭川への日帰り旅行に続き2泊3日で道東への旅にかぐや姫さん夫妻と私達夫婦の4人で出かけました
いつも一緒だった母は足に自信がないことと寒さのため今回は残念ながらお留守番

札幌発7時3分のおおぞら1号で釧路へ
そこからこの日のメインイベントSL冬の湿原号に乗って標茶まで1時間15分の旅です
f0083977_2359325.jpg

テーブルを挟んで向かい合わせの4人席
お弁当を広げビールを飲みながら車窓を流れる雪の釧路湿原の風景を堪能

水辺でこちらを見つめるエゾシカや空を飛ぶ丹頂やオオワシ・オジロワシの姿を見 名物車掌さんの楽しい案内や煙と共に勢いよく鳴る汽笛を聞いたりしているとアッという間に終点標茶駅に到着

標茶からはツインクルバスで今日の宿がある川湯温泉に向かいました
途中摩周湖に立ち寄るはずだったのですが 摩周湖へ向かう道が吹雪のため閉鎖されたので代わりに硫黄山に寄る事になりました
良いお天気で信じがたい思いだったのですが 近づくにつれ雲が厚くなりやがて吹雪に
f0083977_0191224.jpg

宿に入って夕から夕食まで時間があったので近くの川湯相撲記念館
川湯は大鵬の出身地 懐かしい映像を見たり 興味深い展示物を見て回りました

夜8時からは夕方立ち寄った温泉が湧き出し足湯のある湯の川園地で ダイヤモンドダストパーティーが開かれるはずでしたが 雪は止んだものの強い風が吹き中止 

それでもお土産物を探しながら店を覗き ぶらぶらとパーティーが行われるはずだった園地に行ってみると素晴らしい光景が広がっていました!!!
なんと約80,000球ものイルミネーションが点灯されているのです

雪と木々を包む闇の中オレンジ色の小さな明かりが奥へ奥へと誘うように続く光景はおとぎの世界のよう
f0083977_04453.jpg


パーティーが中止になったので訪れる人も少なく勿体ないほど 
もう少し宣伝すればいいのに・・・・
by sakurasou21 | 2007-02-24 01:05 |
2月15日

今日は旭川の旭山動物園へのバスツアー
天気予報では今日も荒れた天気になるとのことだったけれども 幸い着くと嘘のように風もなく穏やか

普通ならヒッソリしているはずの冬のしかも厳しい寒さと雪の中の動物園 
ところが全国 いや中国や韓国など海外からも大勢の人が見学に来ていて相変わらずの人気

寒いところ大好きのホッキョクグマ 雪の塊を抱いて幸せそうな顔
館内に入り目玉の水中ダイブを待っていると 係りの人が「今は恋の季節でご馳走より彼女に気が向いていて水に入るか分からない」とのこと
でもしばらくすると水をさかんにかき混ぜたりモグモグタイムでは水にもぐって餌を食べたりと活発に動き回っていました
f0083977_23462098.jpg

キングペンギンも寒さが大好き
大勢の人が見守る中雪の上をヨチヨチとお散歩
f0083977_23481139.jpg

ペンギン館の中では元気に泳ぎ回り 水中トンネルから見るとペンギンが空を飛んでいるよう
f0083977_23502158.jpg

f0083977_23503884.jpg

アムールトラも寒さは平気
間近に見ると迫力満点
f0083977_23532057.jpg

下から見上げたこのモジャモジャなんだか分かります?
f0083977_23543075.jpg

じつは上から見るとユキヒョウが二匹丸くなって寝ていました
f0083977_2357264.jpg

寒さが苦手なオラウータンやチンパンジーは館内でしか見ることが出来ませんでしたがモモちゃん大きくなって一人遊びをしていました
f0083977_23594518.jpg

見学時間たっぷり4時間のコースだったのですがあっという間に帰る時間になってしまいました
f0083977_022557.jpg


このツアー帰りに砂川オアシスに寄り ここで北果楼のおいしいシュークリームのおやつがついていました
by sakurasou21 | 2007-02-23 00:12 |
1週間ぶりの投稿です

2月14日バレンタインデーの日に広島からかぐや姫さん夫妻が来訪
昨日帰るまで一緒に冬の北海道を堪能して来ました

まず2月14日
着いた早々小樽雪明りの道を見に行く事に
しかしこの日発達した低気圧が通過し北海道は大荒れの天気
心配しながら吹雪の中札幌を出たのですが幸い小樽に雪は降ってなーい!

小樽雪明りの道は伊藤整の詩集「雪明りの道」にちなんだもので 雪と氷とロウソクの明かりが幻想的な冬の夜道を浮かび上がらせています
小樽のシンボルである小樽運河には、ガラスの浮き球にろうそくを灯したキャンドルが400個も浮かぶ・・・・ところでしたがあいにくの強風で撤収し始めてしまいました
消え残ったロウソクが煌めく撤収寸前の小樽運河の光景 浮き玉が少なくてさみし~
f0083977_22384693.jpg

f0083977_22391299.jpg

旧国鉄手宮線(現在は散策路)跡も雪と氷とロウソクの明かりで美しい雪明りの道となっていました
f0083977_22465163.jpg


ロウソクの明かりってホントにいいですね
by sakurasou21 | 2007-02-21 22:59
今朝も空から雪がハラハラととめどなく降って来てベランダの手すりに積もるのでカメラで覗いてみました

風があると結晶は潰れてしまいますし まとまって降っても重なるので綺麗な6角形を撮ることができません
そんな中から見事な形というわけではありませんが数枚撮って見ました
f0083977_22522138.jpg

by sakurasou21 | 2007-02-13 22:54
早いものでもう雪祭り最終日 朝から雪が激しく降ったり止んだりのお天気
雪不足と言われていた札幌ですがこの雪で平年並みの積雪74センチになりました

今日は昨日探鳥会で歩いた円山公園の雪景色をアップします
公園入り口の唐松林 雪だるまが並んでいました きっと観光客が作ったのでしょう
f0083977_21243757.jpg

雪帽子を被ったプラタナスの実が愛らしい
f0083977_21284522.jpg

鳥の姿を求め新雪を踏みしめ歩いていきます
f0083977_21311673.jpg

気温は低くてジッとしていると寒いのですが しっかり着込んでいるので歩き回ると身体はポカポカしてきます
by sakurasou21 | 2007-02-12 21:48
定例円山探鳥会に参加
直前まで降り続いていた雪が止み 陽が射して来たせいか沢山の小鳥が盛んに飛び回っていました

二月 1年で一番寒い時ですが日は長くなり小鳥達には1足先に春がやってきたようです
さえずりがあちらこちらで聞かれ ペアになっての追いかけっこに夢中のよう

小川ではカワラヒワやマヒワが冷たい氷水の中で水浴び
f0083977_11202443.jpg

傍らではヒガラが元気よく雪浴び 寒くないのかしら 
ツグミも来ていました
f0083977_2333258.jpg

水浴びを終えたカワラヒワは牛蒡の種で食事中
f0083977_2337613.jpg


珍しい鳥を見ました
ハチジョウツグミです
f0083977_23415345.jpg

フリー百科事典『ウィキペディアによると 「東アジアに分布し、日本国内へは少数が渡来する。見た目の特徴は亜種ツグミと酷似するが、全般に当亜種の方が体色が薄めの傾向があり、黒褐色から栗色である。」とあります

なるほどツグミに比べ全体に色が薄く下から見上げるとツグミに見られるお腹の黒い斑点がありませんでした

その他 アカゲラ・コゲラ・カケス・ウソ・シジュウカラ・ゴジュウカラ・ハシブトカラ・ヤマガラなど
同じ所を歩いても新しい出会いがあり 嬉しいものです
by sakurasou21 | 2007-02-11 23:59