人気ブログランキング |
ブログトップ

札幌便り

fromsappor.exblog.jp

北の街に暮らし、目にした事・思った事を写真をまじえて綴ります

<   2006年 07月 ( 23 )   > この月の画像一覧

今日は日曜日

ゆっくり家人が休んでいる間に一人カメラを持って円山公園を歩いてきました

上を向いて歩いても鳥の囀りはあまり聞かれず 
花を見ながら下を向いて歩いてきました

ゲンノショウコ
f0083977_2235408.jpg

ツリフネ
f0083977_22371863.jpg

キツリフネ
f0083977_2241194.jpg

エゾトリカブト
f0083977_2241539.jpg


動物園に出てきたので入ってみる事にしました
年間パスポートがあるので無料です

夏休みに入って最初の日曜日 子供連れで賑やかな園内をおばさん一人でブラブラ
結構楽しいでした

アザラシ君  何が気になるのでしょう
f0083977_22483142.jpg

白熊の子ピリカのヤンチャ振りを見ようとしたのにおかあさんに寄り添ってお昼寝?(まだ10時前)
足の裏にも毛が生えているのがよくわかります
f0083977_22513734.jpg

お母さんも気持よさそうに夏の日射しの中で・・・・
f0083977_22534220.jpg

ところがお父さん熊は狭い檻の中をイライラと行ったり来たり 
f0083977_2255079.jpg
 
こんな張り紙がありました  気の毒に・・・・・
f0083977_225529100.jpg


5月はお母さんにベッタリだった赤ちゃんチンパンジーは元気よく遊んでいました
f0083977_22595382.jpg

f0083977_2315783.jpg


子供を気遣うお母さんチンパンジーを見ていると 子供を虐待したりきちんと子育てをせず新聞に載るような人間が情けない・・・・
by sakurasou21 | 2006-07-30 23:15
昨日から足が痛い!
歩く姿はロボットのよう  「いや今時のロボットはもっと滑らかに歩くよ」の声も

それはともかく続きです

食事後 頂上からさらに南西斜面を黒岳石室の方へ向かいました

f0083977_23545721.jpg

f0083977_0375426.jpg

このあたりは風が強く 冬は雪も飛ばされて気温が低く乾燥する厳しい環境のためそれに耐えられる小低木しか育ちません
どの花も10cm前後の小さい花ばかり

エゾツツジとメアカンキンバイ
f0083977_00495.jpg

イワブクロ
f0083977_04676.jpg

ホソバイワベンケイ
f0083977_045484.jpg

イワキキョウ
f0083977_065053.jpg

イワヒゲ
f0083977_073789.jpg

そして高山植物の女王コマクサ
f0083977_081867.jpg

エゾタカネツメクサ
f0083977_0102045.jpg

チシマキンレイカ(タカネオミナエシ)
f0083977_0222674.jpg

チシマツガザクラ
f0083977_0201962.jpg


まだまだ名前の分からない可憐な花が咲き乱れています
石室まで行くともっと素晴らしいお花畑が広がっているそうですが残念ながら時間がなく引き返しました
黒岳山頂に戻る道
f0083977_0264281.jpg


いつかまた是非今度は石室まで行きたい!!!

一緒に行きませんか?
by sakurasou21 | 2006-07-29 23:53
早朝から百点満点の青空

絶好の登山日和

昨日7月27日 友人に誘われて大雪山黒岳の花をたずねる日帰り登山に参加しました

朝7時に札幌駅を貸切バスで出発 一路標高670メートルの層雲峡ロープウェー乗り場へ

そこから標高1300メートルの黒岳5合目まで900メートル7分の空中散歩

そしてリフトに乗り換えて15分標高1520メートルの黒岳7合目まで一気に昇ります
正面は黒岳
f0083977_23402565.jpg


そしてここで登山者名簿に記入していよいよ登り始めます
f0083977_23431490.jpg


1984メートルの山頂まで普通なら約1時間半 岩のごろごろした道が続きます

私たちはほとんどが60才~70才代のシニアばかり
無理せずゆっくりゆっくり花を見たり写真に撮ったり2時間以上かけて登りました

登り始めてすぐ 道の両側には可憐な花が見られます

ミヤマキンポウゲ
f0083977_2350893.jpg


ハクサンチドリ
f0083977_2351542.jpg


エゾシモツケ
f0083977_2351463.jpg


ウサギギク
f0083977_23522073.jpg


などなど次々出会う花を見ていると急な道も苦になりません
道の片側には絶景が広がっています
f0083977_23575898.jpg



やがて前方にまねき岩が見えてきました
f0083977_2359826.jpg

後ろを振り返ってもまた素晴らしい景色
f0083977_031046.jpg


そして標高1984メートルの頂上に到着
f0083977_04875.jpg

そこには雪渓が残る美しい山々が連なりただただ感激!!!
f0083977_0115393.jpg


この風景の中でお弁当を広げました
日射しはきついものの風は心地よくあまり暑さを感じません
f0083977_011686.jpg



そして食事を済ませ念願の花との出会いが・・・・

それは次回に
by sakurasou21 | 2006-07-28 23:54
朝刊にこんな記事が出ていました

f0083977_22281860.jpg

f0083977_22283419.jpg

f0083977_2229213.jpg


最近 動物などが住民登録されるという事がありましたね

北海道にも住民登録された雪だるまがあったのです・・・・・

写真では見にくいのですが 住民票には

住所   勇払郡安平町やねの上町大雪8番地
前住所  勇払郡安平町やねの下町大雪8番地

と書かれています

気の重くなるような記事が多い中 こんな楽しい記事を目にすると心が和みます
by sakurasou21 | 2006-07-24 22:44
さて前回の続き カルチャーナイトの話です

このカルチャーナイトは 公共・文化施設や民間施設を夜間開放し、市民が地域の文化を楽しむという行事です。

1993年にデンマークのコペンハーゲンで始まった、文化施設を深夜まで市民に開放するという年に一度のイベントを 夏 日暮れが遅く季候もよく似ている札幌でも取り入れようと4年前から始まりまったもの

美術館・博物館・テレビ局・スポーツ施設・銀行・・・・等81箇所 さまざまな所でいろいろな催しがありますが、私達は近くのテレビ局で開かれた カルチャーナイトフォーラム&札響コンサート に行きました

テーマは~北国札幌の輝く夏~

フォーラムは札幌の上田市長  カルチャーナイト実行委員会委員長  札幌交響楽団コンサートマスター大平 まゆみさん 司会は「ズームイン朝」でおなじみの STVアナウンサー内 山 佳 子さん
f0083977_22231620.jpg


そして大平まゆみさんのヴァイオリン演奏で クライスラーの愛の喜び モーツアルトのメヌエット ガーシュインのポギーとベスよりサマータイム・そうとは限らないさ そして北海道のおなじみの数曲を楽しみました
f0083977_223293.jpg


そして市長の飛び入りも(なかなかのものでした)
f0083977_2233171.jpg


第2部はダンディー・フォー「ヴォーカルカルテットコンサート」

アマチュアですが20年間活動しているグループ
f0083977_2238153.jpg


北海道歌めぐり として宗谷岬 知床岬 霧の摩周湖 襟裳岬 小樽の人

そして浜口庫之助の組曲「北海道はオーケストラ」より4曲
この組曲のことは知りませんでしたが、とてもいい曲ばかり

未完成ですが全12曲あるそうでCDも出ているということなので一度全曲聴いてみたいもの

そう言えば北海道を歌った歌って多いですねー
by sakurasou21 | 2006-07-23 23:05
昨日の夕方から夜にかけて充実?した半日でした

まず大通公園で始まった納涼ビアガーデンへ

今日の朝刊です
f0083977_18262392.jpg


私もビールがおいしく飲めるよう家から30分 早足で歩いてい汗をかいてきました
明るい日が射す中サラリーマン風の人や観光客・友達同士でジョッキを掲げて皆でカンパーイ
f0083977_18321160.jpg

仲間とこんな容器で飲むのも楽しい  4リットルと6リットル入りがあります
f0083977_1835937.jpg


5時過ぎ だんだん人が増えてきたので私達は次の会場へ
f0083977_183314100.jpg


この日札幌市内では81の会場で カルチャーナイト という催しが行われ、私達はコンサートに行ったのですがこの話題は次回にします

8時にコンサートは終わり 大通りに戻ってみるとどのビール会社のブースも超満員
席がないグループは芝生の上で 
f0083977_20435427.jpg

即席のステージではビートルズの曲が演奏されていました
f0083977_20442372.jpg


そして ドーン  ドーン と花火の音

豊平川では先週に引き続き2回目の花火大会が開かれているのです
時間的に会場へ行く事が出来なかったのですが ビルの谷間から見ることが出来ました
f0083977_2102755.jpg



帰宅後ブログを書こうとパソコンに向かうとどうしても瞼がくっつき・・・・

今日になってしまいました・・・・
by sakurasou21 | 2006-07-22 21:22
昨日 ゴルフに同行したU氏からおやつにきび団子をいただきました
これです
f0083977_9341167.jpg

中身はこんなんです
f0083977_9344216.jpg


以前聞いた事があるんです

北海道名物きび団子 って

エーッ??

きび団子って岡山の名物じゃー  それも日本一らしい???

でも北海道の人はほとんどきび団子といえば北海道のお菓子と思っているみたい
85歳のU氏も子供の頃から食べている懐かしい駄菓子とのこと

頂いたのは函館のメーカーのですが、栗山町の谷田製菓のが本家本元でおいしいらしい

それでネットで調べてみると

「当社のきびだんごは大正12年に作り出したもので、 関東大震災の復興を願い、さらに北海道開拓時の助け 合う気持ちをこめ、「起備団合」という名前をつけ発売しました。 そして、今でいうキャラクターに桃太郎をつかった訳です。 形は生産しやすいという事もあり、長方形にしました」

とあります

原料は麦芽・水飴・砂藤・ 生あん・ もち米できびは入ってないようで餅というよりゆべしの様な食感

今度機会があったらこの谷田製菓の日本一のきび団子食べてみようとおもいます
by sakurasou21 | 2006-07-21 09:44
先日複合機を買ったのですが、今日初めてスキャナーを使ってみました

その画像がこれ
f0083977_2315933.jpg

今朝の北海道新聞の切抜きです

便利ですね~
嵩張るアルバムや今まで撮りためた多数の写真をパソコンに取り込んでコンパクトに保存したいのです

かなり時間がかかりそうですが・・・・

ところでこの写真ですが、室蘭の喫茶店で20年も前から売られているソフトクリームでウサギの耳のように大盛りになっていて名前もずばり「ラビット」

200円で近くの高校生の人気メニューとのこと

そう言えば私の母校の近くにもおいしいアイスキャンディー屋があってよく買いに行ったもの
 
色んな味があって新聞紙に包んで渡してくれました

今でもあの店あるのかなー? 

懐かしいあの味・・・・・もう1度食べたい!!!
by sakurasou21 | 2006-07-18 23:37
我が家のマンションの南側通りは北海道神宮へ続く裏参道 

以前は洒落たお店が並んでいましたが 最近はマンションや専門学校が建ち並び 町の雰囲気は少しずつ変わってきています  でもユニークな店もまだまだ残っていてショーウィンドウを覗くだけでも楽しい・・・

今日はそんな裏参道の夏祭り

時折夕立が降るあいにくの天気ですが、晴れ間を縫って覗きに行くと
結構人出があり賑わっていました

マンションの前もこのようにお店が並びました
f0083977_2326482.jpg


         懐かしい綿飴 


やはり食べ物関係の店が多いです

おじさんが慣れない手つきでぐるぐる回していくのですがまとめて大きくしていくのって難しいのですかね? 
結局大きいのが出来なくて 前にいた私達に「タダでいいよ」とくれました
f0083977_23383885.jpg


       西瓜割りもありました
f0083977_2340591.jpg

      割られた西瓜は皆さんどうぞ~
f0083977_23414465.jpg


      本格的なジャズ演奏も トランペッターは東京からのゲスト
f0083977_23431622.jpg


そのほか大道芸 ケーキの早食い競争 カラオケ などなどプログラムはいろいろ盛りだくさん

参道の突き当りには冬季オリンピック会場の大倉山シャンツェが見えてます
f0083977_03510.jpg



部屋に戻ってからも7時まで賑やかな音が聞こえていました
by sakurasou21 | 2006-07-17 23:56
夕方 運動とブログのネタ探しを兼ねて雨上がりの円山公園を散歩しました
 
すぐにエゾリスの子供に出会ったのにカメラの準備が間に合わず
今日は動かない花だけを撮ってきました

今公園では草丈1mから1.5mもの大きなオオウバユリの花が目立ちます
この花の鱗茎は良質のでんぷんを含み アイヌの人々は保存食として利用していたそうです
f0083977_22543535.jpg

f0083977_22544723.jpg


キツリフネも咲き出しました
f0083977_22564046.jpg


イワガラミ
ツルアジサイのように木や岩に絡まって伸びていきますが 花のようながく片は1枚です
f0083977_2372781.jpg


アジサイも次第に色濃くなり道行く人の目を楽しませてくれています
f0083977_23202488.jpg
f0083977_23204495.jpg

by sakurasou21 | 2006-07-16 23:26